FC2ブログ

2月14日 バレンタインデー

26回目の結婚記念日!
2人の娘たちも、今月が誕生日です?
話は違いますが、私 ずっと以前から疑問を感じていたのですが、人間ってどうして 異質の物体(男女)を 無理矢理同一化しようとするのでしょう?。
動物も植物も、鳥類や虫類も、みな それぞれ 身丈に合った活きかたで、牡牝力を合わせて、仲良く子育てに専念しています!その姿は とても自然で美しく、理にかなっていて大きな愛を感じます!
私は舞台では女性の役を演じることが多いのですが、そんな時 「女性である自分」を幸せに思っています。ホモではありません(^^)。舞台が終わると、男性に戻ります!。それぞれに幸せです!



iPhoneから送信

- 秀太郎は

昔から森さんがすきです!
煩わしいメディアなどにおびえず、堂々とご自分の思うことを述べられる!(何も今 言わなくても ということもありますが〜)
全く、あくまでも私の個人的な気持ちです。私は森喜郎さんのおっしゃることを、いちいち聞いていませんが、私の耳に入ってくる殆どの意見や表現に私は共鳴します。私にとって森喜郎さんは昭和を代表する日本人、素敵な信念をもつお方だと、私は個人的に森喜郎さんを尊敬しています。
与党野党にかかわらず、蛆虫の集まりで出来たような絨毯の上に立っても、皆さん堂々と生きていただきたいと思います。
ただ文春砲にしても、その記者たちには人のアラを探して記事にすることが生きるスベですから仕方がないのです。ひとを不幸にして食い繋いで行く!私にははその記者の子供たちの行く末が案じられてなりません!
私は女性大和撫子が好きです!森喜郎さんも 女らしい女性は大好きでいらっしゃると思います。
撫子を自負してバットを振り回すのはやめてほしいです。せめて「向日葵ジャパン」とか…。あくまでも「温故知新」の心を持たないと、戦わずして国は失われます。日本国民が、メディアに侵されている、自分に気付くのはいつのことでしょうか〜。私ももう八十歳。残る大切な1日いちにちを、昭和の人間として、日本人として、誇りを持って生きて、活きていきます。
http://hidetarokabuki.blog65.fc2.com/blog-entry-1567.html?sp


iPhoneから送信

- 秀太郎よもやま話

昭和が遠くなっていきます〜
日本が遠くなっていきます〜。
寂しいです〜。
温故知新 新しい事は必要です。
温故の上に立った知新、前を向いて歩きながら、しっかりと振り返ることを忘れずに〜。
周りの若い人に「森喜郎さんのこと どう思う?」と聞いたたら、7人が7人、あまり関心がない と言う答えでした。ちなみに嫌いと言う人も、好きと言う人もいませんでした。

http://hidetarokabuki.blogfc2.com/


iPhoneから送信

オリンピック

私は昔からオリンピックに興味が持てなくなりました。何か純粋性を感じ得ない。
なので2020オリンピックにも、初手から興味を抱いていないので、森会長の発言も聴いていません。擁護も批判もしないのです。それより森喜郎の一言一句に躍らせる人達が情け無いです。
かるた はスポーツではありません!雅びなもの、詠み人の想いを了解してない「カルタとり」がいるのではないでしょうか?

http://hidetarokabuki.blog65.fc2.com/


iPhoneから送信

- 歌舞伎役者 片岡秀太郎

明治 大正 昭和〜そして平成。
失われつつある日本の美しさを、少しでも継承していかなければなりません。
これは歌舞伎役者だから、と言うのでなく、日本人として思います!
http://hidetarokabuki.blog65.fc2.com/


iPhoneから送信
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム