FC2ブログ

おどり出前講座





昨日12日は50年来の友人、花柳真理子さんの「花柳真理子のおどり出前講座」、浅草公会堂に招かれ、歌舞伎と舞踊について少しばかりお話ししました。この講座は年に一回開くそうで、今年は第6回。今回は長唄 汐汲をテーマに、粗筋の説明や、桶 傘など小道具を実際に持ち込んで、その使い方、説明などをして、宝塚のOG 花柳まり草さんの「汐汲」の後半の模範演技を紹介など、とても充実した講座で、私も大変勉強になり、思いがけない「大御所」のサプライズ参加もあり、大変有意義な一日でした。















iPhoneから送信

令和元年の鴨川をどり



紀号の変わった今年も、例年通り大阪のご贔屓Kさまのお招きで、ぎをん、上七軒、宮川町の皆さんと一緒に、先斗町の鴨川をどりを鑑賞させて頂きました。令和の御代を寿ぎ、芸妓さん舞妓さんが、一体となって頑張って、とても華やかな舞台でした。終演後は先斗町の皆さんも駆けつけて、華やかなで楽しい宵をお過ごさせて頂き、素晴らしい令和のスタートを切りました。







iPhoneから送信

千穐楽


平成最後の舞台、今日26日 めでたく千穐楽を迎えて、いま大阪に向かっています。「座間社 野崎村」は三代目の時蔵おじさまのお孫さん、歌六さん又五郎さん兄弟、時蔵さん錦之助さん兄弟、四人の従兄弟、それに仲良しの雀右衛門さんとご一緒でとても嬉しかったのです。おじさま 、ひなおばさま、先代の歌六兄さん時蔵兄さんもお喜びだったと思います!
今月も東京大阪京都など、多くの様に観ていただきありがとうございました。
「令和」最初の舞台は 六月の歌舞伎座、封印切の「おえん」を勤めます。年号が変わったと言って、芝居が変わるわけではありませんが、若手の役者たちがどんどんと活躍しています。私もそれなり頑張りたいと思います。宜しくお願い致します。



iPhoneから送信

自由劇場




ミュージカル ユタと不思議な仲間たち を鑑賞しました。原作の三浦哲郎さん、企画オリジナル演出の浅利慶太さん、その素晴らしい作品を見事に演じきる下村青さんをはじめとする出演者の皆さん…、優しさと躍動!素晴らしい歌声、かなり、かなり感動しました!私達も もっともっと言葉を大事にしたいと思いました。「生きていることは当たり前ではない」…、そうですね。歌舞伎座も後三日、大切に勤めます。











iPhoneから送信

えこさん!





ブログコメント、もう少し早くくださったら、先日の講演でもう少しマシなお話しが出来たと思います が、つまらない話で時間を費やし、関係者の皆様に申し訳無く思っています。その舌の根も乾かぬうちに来月は又上京して花柳真理子さんと「歌舞伎と舞踊について」お話しさせて頂きます。
歌舞伎座も後四日、京 大阪からまだまだご贔屓が観に来てくださいます。平成最後の舞台、気負わずに心を込めて勤めます。















iPhoneから送信
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム