FC2ブログ

名題適任証





昨年 名題試験に合格していた りき彌の「名題適任証」が今日(21日)日本俳優協会の鴈治郎理事から授受されました。長年の努力がやっと報われ、私としても感無量です。「頑張ったね〜.良かったね〜!」鴈治郎理事の言葉の通り、これからも歌舞伎を愛したゆまぬ努力を続けて欲しいです。















iPhoneから送信

失礼しました!





今日千壽から各役の写真がおくられていました??千壽さんスミマセン。
今月は朝から晩まで大変!活躍といえば活躍なのですが、歌舞伎役者としてしっかり台詞を言えるのは 四の切の腰元だけ、九十九折の芸妓はちょい役なから、その為に丹波篠山の家を早くに出発、そして夜のイヌを勤めて、それから丹波まで帰るのです。狗の小春は着ぐるみを着るまえに、小道具の小春を、人形遣い宜しく頑張っているのでかなりの重労働です。交通費も高くつくそうて、こんな時には、大阪にホテルを取ってやりたいです。私が今月6日に地下鉄難波盗難に会わなけれは泊めてやることが出来たのですが、犯人もつかまらないまま、銀行のカードやクレジットカード、運転免許証
保険証などなど、現金か残っていたらホテルに泊めてあげて、元気舞台を務める事が出たと思うと、泥棒は数字には現れない、大きな夢をぬすんだなのてす。ただ私が反省したのは、一つの歳費に高額の現金さもたないことでした。















iPhoneから送信

新口村


藤間宗家がわざわざ振り付けしてくださった梅川の振り写しを、今日明日にして下さってます。宗家の、若くて美しい女性のお弟子さんが、忠兵衛を立ってくださっていて、私の梅川の相手をして下さって、何が申し訳ないです!本番は梅玉さんが忠兵衛、万歳の太夫を松緑さんが勤めて、父のニ十七回忌の追善狂言に花を添えてくださいます。もちろん私の梅川はこれが最後になりますので、なんとか恥ずかしくない梅川を勤めたいと思っています!
松竹座の初春興行も残り1週間になりました。未だに満足できる義経が出来なくて自分としては情け無い限りですが、一日一日を大切に勤めます。
千壽がいくら言っても中々写メを送って来ないので、ブログの更新が出来ません。千穐楽までには なんとかもう一度更新したいと思っています。



iPhoneから送信

明日は中日







千蔵、りき彌、千太郎。それぞれ変わったコスチュームです。千壽にも送るように言っているのですが、未だに届きません。
明日は中日というのに 義経は未だ一日とて思うように出来た日がなく、情け無い限りです。明日こそ自分に納得できる義経を勤めたいと思います!























iPhoneから送信

松竹座初春興行




義経千本桜、四の切の静御前は猿之助さんの襲名のおり、各地の公演で勤めさせていただき、その折の義経は、藤十郎兄さん、扇雀さん、愛之助などでしたが、今回は義経を初役で勤めさせていただいております。初日の今日の舞台は何とか無事に勤めさせていただきましたが、日を重ねる毎に、義経らしく見えるようになりたいと思います。勧進帳の義経は何度も勤めさせていただき、二段目の渡海屋の義経もえんじ、三役目の義経、千穐楽まで大切に演じ切りたいと思います。宜しくお願い致します。











iPhoneから送信
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム