ポケモン




昨日は晴の会の衣裳調べで、各々の衣裳を注文し、稽古にかかろうとしましたが、台本に欠陥がみとめられ、今日の私の稽古は休みました。そもそも演出は山村宗家で、私は監修の立場なので、あまり深くは入りません。勿論台詞や仕草の指導、諸々相談には乗っています。そこで今夜は稽古に出ないで、映画、人気があるのは知っていましたが本も映画も一度も観たことのない「ポケモン」を観て来ました。幾ら若ぶってもまるで話についていけず、何が何だか判りませんでした。ただ映像の美しさと、ピカチュウとやらの、いとも可愛い表情はいまだに目に焼き付いています。

銀魂


東京に行って松本紀保さんが「お峰」を演じる「牡丹燈籠」を観て来ました。皆さん凄く元気な演技で、とても面白かったです。すみだハークスタジオ倉で、今月の30日までです。今日は晴の会の稽古が休みで、千壽が私の自宅までお岩さまの台詞の稽古にやって来ました。数日前にはりき彌がお袖の稽古に来ました。今月の松竹座では、千壽が昼の部、りき彌がない夜の部の出演です。今日は稽古の後、映画「銀魂」を観て来ました。作品自体に期待もあったのですが、目当ては菜々緒さんと早見あかりさん!期待通りの好演で又観たいと思いますが、素晴らしかったのは勘九郎さん!下手をすれは下品になりかねない近藤勲(勇ではありません)役を、確りと演じ、確りと歌舞伎役者としてのリアル、コミカルな演技を示してくれていて…、とても嬉しかったです。福田監督も各々の出演者の個性を上手く引き出す素敵な監督さんでした!

秀太郎24歳!


秀太郎24歳!

日航ホテル

一月七月に松竹座に出演しているときはいつも心斎橋の日航ホテルにとまり、朝はB2のサロンで必ずフレンチトーストを頂いて、癒されていたのですが、三年ほど前から癒してくれていたウエートレスのお嬢さんのお顔が見えなくなり、それ以後日航でのブレックファーストをやめました。あの時のお嬢さんか゛ゆきさんと云うお名前だったのでしょうか?とてもなつかしいです。今月は舞台には出ていないのですが〔晴の会〕の稽古の日はホテル31Fのエステで施術を受けてからお稽古に行くようにしています。ちなみに台詞などの個人稽古は千里山の自宅でもやっています。私がお岩さまを演じたのは五十年前の朝日座でした…。
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム