FC2ブログ

十日目





父の追善興行も、早くも十日目の舞台を終え、昼の部も夜の部もおかげ様で好評のようで嬉しいです(^^)
父が言っていた、「明日の事は考えず、この舞台に命を燃やす!」ということ〜。今とても良くわかります…。















iPhoneから送信

歌舞伎座初日



亡父の二十七回忌追善の興行、無事に初日があきました。公演の初日に緊張した覚えがないのですが、今日はとても緊張しました!その緊張感が良いか良くないはわかりませんが、とにかく無事に舞台を勤めることが出来ました。とにかく松嶋屋にとって大切な興行なのと、最近の私は年増の役や老女やく、立役ばかりで、女の役で眉を引く(描く)事がなかので、久しぶりの新口村の梅川は、あまり老化した姿をお見せしたくないと、やはり緊張してしまいました。姿形は老化したか知れませんが、気持ちだけは梅川になることが出来たかな〜、と思います。それも忠兵衛の梅玉さんの、清元宗家 延寿太夫さん、そして素敵な振りを付けて下さった藤間宗家のおかげです。僅か二十五分の場面で二度背景が変わるのです!今日の初日は大阪や京都名古屋からも、大勢のご贔屓が来て下さって、昼夜通してご観劇いただき、とても嬉しかったです。父もとても喜んでいると思います!







iPhoneから送信

父のニ十七回忌法要



父仁左衛門のニ十七回忌追善、歌舞伎座二月興行に先駆け、今日ニ十八日、菩提寺池上本門寺にて法要を行いました。私達三兄弟、妻や子供達、父の娘、孫、一門の弟子たち。親戚の歌六さん時蔵さん、花柳寿楽さん、廣島家。ごく親しい方々。それに松竹の迫本社長をはじめとする松竹の面々。最小限の方々に参加して頂いたのに、かなりの人数になりました。
あいにくの雨天にもかかわらず、とても清々しい法要を行い、メディアの方々に法要のご報告と二月興行の抱負や父の思い出など、三兄弟や子供達、孫の千之助。二月興行には不参加の愛之助も列席し、雨の中大勢来て下さった記者さんやカメラマンの前でお話しさせて頂きました。
二日初日でニ十六日が千穐楽です、皆さま宜しくお願い致します!







iPhoneから送信

千穐楽





大入りのうちに今日二十七日、めでたく千穐楽を迎え、今 東京に向かっています。四の切の義経は初役でしたが、勧進帳、渡海屋の義経は演っているので初役のような気がしませでした。
来月は父のニ十七回忌追善の公演です。宜しくお願い致します!















iPhoneから送信

名題適任証





昨年 名題試験に合格していた りき彌の「名題適任証」が今日(21日)日本俳優協会の鴈治郎理事から授受されました。長年の努力がやっと報われ、私としても感無量です。「頑張ったね〜.良かったね〜!」鴈治郎理事の言葉の通り、これからも歌舞伎を愛したゆまぬ努力を続けて欲しいです。















iPhoneから送信
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム