FC2ブログ

初舞台〓

『平家物語の夕べ』…、ステージでの朗読は初めてだったので、かなり研究しました。以前に松竹座で掛け合いで小説を演読したことはありますが、今回は平家物語の独り語り…、とても緊張して舞台に立ちましたが、幕が上がり、藤舎花帆さんの鼓の音色を聴き、自然に語り出すことができ、設楽さんの笛、尺八にも助けられ、次第に気持ち良く語ることができました。今回も京阪神のご贔屓はもとより、東京、横浜からも大勢の方が中之島公会堂に足を運んでくださり、本当に嬉しかったです。平日にもかかわらず、北新地や南地の方々、京都花街のミナサンも、遅くまでお付き合い下さり、感謝の気持ちでいっぱいです!この『平家~』は今回で十九回目だそうですが、ここまで続けて来られた主催者、私の小学校の同級生で、以来六十年近く仲良しの橘さんに、改めて敬意を表します!応援して下さった皆さん、それに大きく記事に取り上げて下さった読売、産経、日経、京都、神戸新聞の皆さん、本当に本当にありがとうございました!顔見世、頑張ります!

プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム