大晦日

今日三十日、七段目の舞台稽古を終え、今年のお仕事はすべて終了し、明日大晦日は例年通り、京都嵯峨の実家ですごし、元旦は嵯峨の姉妹、私達一門、進之介一家、仁左衛門門下の一部や松島屋ファミリーの大勢でお雑煮を祝い、茶道裏千家のお家元のところへ、進之介、愛之助とともに、年始のご挨拶に伺います。大宗匠もますますお元気で、普段はあちこち跳び回られ、日本になかなかいらっしゃっしゃらないのですが、この日ばかりは、ゆっくりお目にかかれるので楽しみです。年が改まったらまたお便りいたします。皆さまからのお便り、とても楽しみで、嬉しく、有り難く読ませていただいています!今後とも末永く、宜しくお願いいたします。この一年間、本当にありがとうございました(^O^)秀太郎

プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム