博多座千龝楽!

好評の内、めでたく博多座の公演を打ち上げました。まだ六月を終えたばかりと云うのに、今月の舞台を終えると、高麗屋(幸四郎)さん、高砂屋(梅玉)さん、魁春さんとは、年内はご一緒する機会がなく「良いお年を」と言って(冗談含みですが…)名残を惜しみました。九州は新幹線が開通したので、いつもの「のぞみ」ではなく、「さくら」か「つばめ」に乗りたかったのですが、さくら・つばめ「新大阪行き」の本数が少なく、一時間、時間をつぶして待望の車輛に乗り込んだのですが、…、べつに何と云う特徴もなく、「のぞみ」700系の方がずっと良いので、ちょっとがっかりしました。博多座公演中はご観劇やらご激励、本当にありがとうございました!いよいよ来月は「松竹座!」頑張りますので宜しくお願いします!
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム