初日

顔見世の初日は、やはりどこか雰囲気が違い緊張します。一年の締めくくりと言うことと、伝統ある京の年中行事と言う意識が強いのか…、そういえば、初春興行の初日もいつもより緊張します。とにかく、その緊張の舞台も無事に勤める事ができました。もちろん反省点は多々あり、毎日が楽しみです。千穐楽まで元気に頑張ります。宜しくお願いいたします。 
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム