吉田屋

浅草公会堂の吉田屋の舞台稽古を見て、今新幹線で大阪に帰る車内です。たびたびお話するように、伊左衛門と云う役は、なかなか上手く出来る役ではなく、愛之助も大変モガイテいますが、仁左衛門の教えをしっかりと理解した上、よく稽古して。初日からの一日一日を大切に、はんなりと艶のある、かわいい伊左衛門を演じてほしいです。壱太郎君の夕霧、可愛かったけれど、夕霧に見えました!彼はやはり何か持ってます。竹三郎さんの喜左衛門は安心して見ていられるし、春猿さんの「おきさ」も訛りもなく、品もあって良かったです。良かったといえば、太鼓持の吉太郎がとても良かったです。たしかに「太鼓持」は子役ではないのですが、彼はちゃんと「太鼓持」を演じるので、子役というより「白木みのるさん」の太鼓持みたいでしたが…。芝居って難しいものです。私も「お徳」がどこまで演じられるか…、頑張ります。
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム