???

アニメ「ずっと前から好きでした」を観たのですが、男の子も女の子も同じような顔に見えて、「なつき」が誰だか「あかり」がどっちやらわからず、やたらとサウンドが大きくて…、まぁ何となく楽しかったですが、そういえば初めて歌舞伎を御覧になるお方は、特に女形の場合、誰が誰だかお分かりにならないでしょうね~。それで昔からの工夫で立ち役は隈取りをしたり、役柄に依って顔の地色を白、赤、との粉(茶色)にして、お客様に分かりやすく工夫したのですね~。なので同じ役柄、仲居や腰元等は初心の方には同じように見えるようで、私も宝塚など観に行っても芸妓さんの総踊りなど観ても、どちらが誰か中々分かりにくいです。御覧になる方の個人差はあるでしょうが、あながち歳の性ばかりではないと思います。
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム