かなり



「四谷怪談」、少しは芝居らしくなってきました。今回は(鶴屋)南北物と云うことで、黒みすの三味線は、な、な、なんと歌舞伎フアンなら良くご存じの、大歌舞伎の立三味線(たてじゃみせん)の杵屋栄津三郎さん、鳴物はご存じ田中長十郎さんが付き合って下さってます!唄はお馴染み杵屋勝之弥さん。こんな超一流の方々に支えられて、晴の会の人達は本当に幸せです。それに根気よく指導してくださっている山村宗家!私は客観的にダメ出しをする程度ですが、皆さん松竹座の夜の部が切れてから、深夜におよぶ稽古に付き合って下さって…、本当に有り難いと思っております。明日は松竹座の千秋楽で稽古はお休み。明後日から稽古場が変わり、仁左衛門も立ち会います。
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム