FC2ブログ

上方歌舞伎会



国立文楽劇場での「第29回 上方歌舞伎会」チラシが出来ました。
共に父が好きで得意だった演目ですが、兄我當が父から直接指導してもらい、この文楽劇場で初演していらい、兄が当り役の堀川を指導し、熊谷陣屋では弟が、やはり直伝の当り役を指導、これを若い上方歌舞伎の役者がしっかりと受け継いでくれたら、こんな嬉しい事はありません。ただ幾ら受け継いでも観て下さるお客様がいらっしゃらなければ、中々継承はできません。それにしても、29回もこの公演を続けて下さってる文楽劇場さんに心から感謝していると同時にいつも熱い応援をしてくださっているみなさまに、厚く御礼を申します。初めての方も是非観てくださいませ!







iPhoneから送信
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム