夏休みも…


お休みも後わずか、2学期の始まる学生のような気持ちです。妹娘は昨日東京(の学校)に帰り、私は27日から稽古が始まります。そして2ヶ月東京公演。でも12月は京都の南座で、愛之助も一緒、娘も冬休みで帰って来るので、又家族五人揃うことが出来ると思います。今日は宮川町で「お呼ばれ」でしたが、帰りの車から見た「お月様」の何と美しかったこと!思わずシャッターを切りましたが、写真ではその美しさが表現出来なくて残念です。夜はひんやりと涼しく、もうすっかり秋ですね…。

コメントの投稿

非公開コメント

Count down

おはようございます。
月の光は、秋の空気が一番合うようで、美しさは神秘的です。そして酒は透明な日本酒。昔は都でも夜空には沢山の星が燦然と耀いていたでしょうから、野外では杯に月-星を写して宴を楽しんでいたのではと、想像します。佳い写メ、ありがとうございます。

夏休みもあと僅かになってしまいましたが、元気にすごされますように。

神無月からの舞台拝見、楽しみにしてます。

お月様

美しいお月様、私も昨夜しみじみ眺めました。
27日は仲秋の名月十五夜。その27日にはお稽古が始まるのですね。
髪結新三のお常さんは何べんも拝見していますが、加賀屋藤兵衛が登場するのは珍しいので、今、台本でセリフのやりとりを予習しながら拝見するのを楽しみにしています。

お休みもあと少しですね

2学期が始まる前の学生寮気分よくわかります~
シルバーウィークも今日明日で世間の勤め人もそんな気分でしょう…(私は今日は仕事ですが)

髪結新三の後家さんは出番が少しで寂しいですが娘お熊が今度は梅枝さんで去年四月とはまた感じが違ってくるかしら…

27日からのお稽古までもう少しのんびりお過ごし下さいませ。



プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム