薔薇色のフロンティア



今日(29日)は歌舞伎座十一月興行の稽古、顔寄せのあと、歌舞伎座ビル5階にある「歌舞伎座ギャラリー」と云うところを初めて見てきました!とても面白く、歌舞伎の楽しさを教えてくれるところで、色んなコーナーや工夫があり、その楽しさは一言では御伝え出来ません。当然ご存知の方は多いと思いますが、まだいらっしゃっていない方は是非行ってみて下さい。ギャラリー見学の後、御贔屓と池袋の東京芸術劇場の「薔薇色のfrontier」を高麗蔵君達と観に行きました。イギリスの物語で、殆ど知らない俳優さん達の公演でしたが、若い女性フアンで大入り満員でした。中に桜乃彩音さんの容姿と歌声の美しさ!!それだけで池袋まで来た甲斐がありました。終演後皆でサンシャイン60で美味しい中華料理をご馳走になり、幸せな一日でした。

コメントの投稿

非公開コメント

よ き 日

おはようございます。
楽しそうな余暇をすごされ、よかったですね。

歌舞伎座ギャラリーは、本当に楽しい空間で、私は気に入ってます。
「薔薇色のフロンティア」はミュージカルなのでしょうね。桜乃さんは宝塚の娘役の感じですね。フロンティアは前線、また新天地という意味なので、いろいろと葛藤があった後、結局ハッピーエンドなのだと推測します。
サンシャイン-スカイタウンの中華餐館からの夜景きれいですね。写メありがとうございます。素敵な時間をすぎされ、良い気分転換になったのではないかと思います。

明後日、初日ですが、新たな気持ちで迎えられますように。



歌舞伎座ギャラリー

東京在住時は展示がかわるごとに行ってました。が最初のころのは触れたりできるものが少なくてあんまり面白くなかったのです。
今の展示は体験型で面白そうですね♪
来月観劇のあいまに行ってこようと思います!

ワンピースに続いてお芝居もご覧になられいつもながらこれが若さと瑞々しさの源なのかしらと、行動力と好奇心の旺盛さに敬意を抱いております。

朝晩寒くなってきましたのでくれぐれも御身体にはお気をつけ下さいませ。
初日を楽しみにしております。
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム