帰って来ました!

今回の東京公演は十月十一月の二タ月で、いつもより短かったのですが、やはりわが家に帰るとほっとします。寝室の構造が変わっていて、カーテンもきれいなブルーのビロードに変わっていました。ほっとした中に新鮮さを感じます。今日は東名高速が集中工事で渋滞が予測されたので新宿経由の甲州街道を走りました。お陰さまで渋滞もなく、気持ちよく運転する事が出来予定より早く帰ることが出来ました。途中、諏訪な小淵沢を通り昔父が気に入ってよく通っていた美ヶ原の旅館の事やご飯田の芸者衆の事など思いだしながら、運転していて眠気も疲れも感じませんでした。今日は千穐楽ということで、忙しい間をぬって歌舞伎座に来たので、ある人に乞われるまま親子のツーショットを撮りました(^.^)

コメントの投稿

非公開コメント

祝 ご帰阪!

若々しいご様子

嬉しいですね

吃驚します!

顔見世 また 名人芸を

秀太郎丈は宝の宝です!


お帰りなさい♪

ある方のブログで素敵なツーショット拝見しました♪
久しぶりに同じ劇場にご出演の顔見世、楽しみにしております!

おはようございます。

無事到着され、良かったです。

上方では、昼の部、夜の部に加えて、
深夜部もあると思うので、今日は
ゆっくりとされて、英気を養われる
のが良いかとは思いますが、秀太郎丈の思うままに過ごされるが、一番
でしょう。

東京は雨で寒いです。
元気で稽古にのぞまれますように。
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム