あと十日




お陰さまで毎日元気に舞台を勤めていらっしゃいましたいます。今日16日はNHKでテレビの「輝虎配膳」の収録がありましたが、オンエアの日は決まっていません。勿論来年になるでしょう。今夜も第4部まで元気に楽しませて頂きましたが、最近は河庄が終わっての昼休みの時間に芸舞妓さんが楽屋に遊びに来てくれるのでとても楽しくアッと云う間に2時間か経ってしまいます。舞台も越路の台詞は、いろんな良い方があるので毎日が楽しいです(^.^)

コメントの投稿

非公開コメント

はやい

おはようございます。

第四部まで御精勤、元気でなによりです。私は22日午後に京都に入り夜の部、友人宅におしかけて、23日昼の部拝見して東京にもどります。とても楽しみにしてます。写メ、ありがとうございます。どれも素敵な写真ですね。

NHK収録のお知らせ、ありがとうございます。放映、楽しみにしてます。TVといえば、先日「日本の芸能」で、桂米団治師匠が『七段目』をやってました。本来なら20数分の演目なのに時間の関係で10分強の縮小版で気の毒でしたが、面白く拝見しました。師匠は独語も堪能で、うん十年前<ドイツ語講座>に出演されてまして、拝見してました。落語も上手で
(-_-)、特に『七段目』では、歌舞伎役者振りが秀逸でした。

予報では、今週末は冷え込むとのことですが、溌剌とすごされますように。

輝虎テレビ放映予定なのですね♪

暮れの放映とは別に来年放映予定とは嬉しいです!楽しみにしております。

鏡台越しのお写真もいいですね~

今朝は寒くなりましたがお元気で第四ぶまでおつとめ下さいませ!
それにしても初春お休みなのは寂しいです~(>_<)

越路も!

27日のEテレ古典芸能への招待は「吉野山」の一部と「土屋主税」で、16日の収録と発表されていましたが、「輝虎配膳」も新年になって放送とは嬉しい限りです。
これで秀太郎丈の三婆の2つが我がDVDファイルに。いつの日か、あとひとつの微妙の実現を期待しています。

越路様

勘助の母上越路様の品格と威厳が素晴らしかったです!

お写真の「まねき簪」粋で可愛くて私も舞妓さんになりたい~~!
何十年さかのぼっても無理無理~
とても清々しい可愛い舞妓さん。お鏡の奥に秀太郎丈を見つめる方。
このように美しい方々に囲まれ、秀太郎丈の
お芝居も夜夜の部もお元気で嬉しくなります。
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム