八花絢爛

コメントの投稿

非公開コメント

遠景ながらも華やかですね~

これだけの綺麗どころが揃うと壮観ですね♪一足先に春がきたようです。

貴重なお写真有難うございます♪

今日は松竹座で鳴神のみ幕見でした。お客だんも大入り幕見も完売でたいそう賑わっていて愛之助さんも壱太郎さんも白黒坊のお二人も皆さんよく見物をわかせてらしてよかったです♪初日より大分お芝居がこなれていい感じでした!

壮観

写メ、ありがとうございます。

多数のきれいどころが勢揃いされて
壮麗で、驚きでした。舞台間口は
これで20メートル位でしょうか。
松竹座、南座より、2-3メートル長く、歌舞伎座より同程度ほど短いといったところでしょうか。

大阪のフェスティバル-ホールは
30メートルあり、スエーデン生まれの
著名なソプラノ歌手が、ここはローラースケートを履いて、舞台で演技するのかと言ったとかいう有名な話
があります(-_-)。

東京はこれから雨で、夜半には雪になる予報です。大阪も寒いでしょうから、風邪など召されぬよう、気をつけて、すごされますように。

プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム