初日



歌舞伎座二月興行、本日(正しくは昨日2日)無事に初日があきました。「ひらがな盛衰記・源太勘当」の延寿は2度目ですが、初演は随分前で、勘三郎さんの十八代目襲名興行のおりでした。悲劇ではありますが、それでいて楽しい義太夫狂言で、歌舞伎の面白さがいっぱいで、私は子供の頃からこの芝居が好きでした。源太は勿論、平次・千鳥・軍内・珍斉、そして延寿、幕開きの腰元まで総て「良いお役」です。後24日です。どうぞご観劇のほど、宜しくお願い致します。

コメントの投稿

非公開コメント

初日おめでとうございます。

前回延寿さんを拝見したのはいつだったかなぁ、と思っておりましたが、そんなに前の事でしたか。
武家のお母さんらしい格と威厳の中に、母の愛を感じられるお役だったと記憶しております。
今年最初の秀太郎さんの舞台、拝見出来るのを楽しみにしております!

初日おめでとうございます

素敵なお写真有難うございます!
千壽さんとのツーショットも嬉しいです~

このお芝居関西ではこのところ全然かからないので私が拝見したのも十年ほど前の中村屋さん襲名公演のときのが初めてでした。
拝見するのを楽しみにしております♪
寒さが続きますがくれぐれも御身体にはお気をつけ下さいませ。

祝賀開幕!

おはようございます。

初日無事開幕、おめでとうございます。気に入られてる狂言で、今年の舞台を始められて、嬉しく思います。

写メ、凜とされていて素敵です。

私は七日ではなく、五日に拝見すことになりました。ワクワクしてます。

今日は節分。明日は立春。良い日をすごされますように。


初日おめでとうございます

いち日遅れてしまいました。
今日は節分、もう明日は立春、暦は春の訪れに想いを
運んでくれます。歌舞伎座は華やいでいるのでしょうね。
お写真ありがとうございます!
秀太郎丈のお舞台拝見したいなあ~と思いを馳せて
おります。
まだまだ寒い日々です、お体にお気を付けになりまして
素晴らしいお舞台を!!



プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム