3日目


今日も無事に勤めました…と思いますが、自分なりに満点には程遠いですが、一日一日を大切に勤めます。千壽・りき彌が腰元に出ているので、千蔵が後見してくれてますが、彼もちゃんと芝居もしていて、昼の太閤記で二役勤めております。写真は「妊婦」でなくて「人夫(ニンプ)」です。

コメントの投稿

非公開コメント

ハレの日

妊婦は、千蔵さんの場合、かよさんが担当?ですね。千蔵さんが人夫などを勤める昼の部も、楽しみですが、千龝楽近くで、昼夜通しで、拝見する予定です。本日は、夜の部、拝見します。

千藏さんの妊婦さん…(^_^;)

沼津の幕開きの妊婦さんを千藏さんがなさるのを想像してしまいました…可愛いかも(^^)
お昼のご出演なのですね。
千藏さんはどこにでてらしても見分ける自信があります~♪
拝見するとき探してみます!

暦の上では春ですがまだまだ寒さが続きますのでくれぐれもお気をつけ下さいませ。

拝見

おつかれさまです。
千壽さん、りき彌さんたちの素敵な腰元さん、板付きで開幕。華やかなうちにも、和やかさが感じられる良い幕あきでした。
秀太郎丈は声も良く、美しい延寿さんで、台詞も感動的でした。立ち上がって、舞台正面から、後ろへと
向きを変えられる時の、衣装のさばき、幕引きの時のポーズも綺麗に決まって、見ごたえのある延寿で、よかったです。
孝太郎丈も芯はしっかりしているが、可愛い千鳥を好演してました。
秀太郎丈と梅玉丈は、背丈が同じくらいなので、見た目に安定感があり、お二人の声質も良くあって
見ていて佳い調和なのです。錦之助丈、市蔵丈、橘太郎丈、皆さん良かったです。この作品の主題は、延寿の至情だと思います。秀太郎丈の延寿は、そこのところが、良く表現されいて、素晴らしかったです。
「籠釣瓶」、りき彌さんの新造、美しかったです。吉右衛門丈、菊五郎丈、手堅く勤めていました。菊之助丈は、諸先輩の八ツ橋を良く研究されていて、それを踏まえて、自分の八ツ橋を造形しているように、思います。私は、その造形に、何ら不都合な点は、ないと思いますし、より合理的な解釈を提示していると思います。あとは静かな発酵を待つだけだと思います。
又五郎丈の下男は秀逸でした。私はあのように存在感のある下男を見たことないです。
最後の踊り、良かったですが、八ツ橋の後なので、ほがらかな踊りで、気持ち良く帰えらしてもらった方がよかったかなーとも思いました。
また千龝楽の近くで拝見します。

お写真!!

沢山 有難うございます。延壽さま
お声の聞こえそうな、目の前にするような!!

楽しい可愛い延壽様も 有難うございます。

お願いします

拝啓

片岡秀太郎様

初めまして

奥田と言います。

お願いがありましてメールを書いています。

片岡秀太郎様と片岡愛之助様

ご関係を聞き 書いています。

実は、僕は脳動脈瘤とうつ病の2つの

病気をもってます。

いつ、くも膜下出血で死ぬか

分かりません。


そこで、失礼ですが

片岡愛之助様の実際使った 隈取と 直筆サイン色紙を頂いたら元気になると思い 片岡秀太郎様の お力をかりて 片岡愛之助様の実際に使った隈取と、直筆サイン色紙を頂けないかと思い書いています。



片岡愛之助様には、メールとか、繋がらないのが本音です。


本当に、失礼だと思いますが

片岡秀太郎様お願い申し上げ申します

本当に、本当に、お願いします。

返信まってます。


〒929 0231


石川県白山市美川和波町170 20


奥田 一朗


44歳



djqcj252@yahoo.co.jp

芝居好きは

芝居ずきなら、芝居みなはれ
役者はんに あれくれ
これくれいうもんやおまへん
まして おひとがちがいまっしゃろ!

久しぶりの源太勘当に感動でした

前回涙はでなかった気がするのですが
今回母の情に泣かされてしまいました

梅玉さんと秀太郎さん恋人同士もいいですが親子でも素敵ですね♪
灯りを消した手燭を後ろ手にした幕切れの立ち姿までとっても素敵な延寿様でした!
明日は一階から拝見します♪
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム