父の二十三回忌



平成六年の3月にみまかった父、十三世・仁左衛門の二十三回忌の法要を東京池上の本門寺において、ごく身内で執り行いました。と云っても孫・曾孫も多く、かなりの人数になりました。私の娘二人も父の没後に生まれ、「この世でお祖父ちゃんに逢いたかった!」と常々云っているので、今日も大阪からやって来ました。その娘たちももう成人に達しました。時の流れの速さになかなか付いていけませんが、父の想い出は一つ一つが私の宝物、決して流れ去る事はありません。

コメントの投稿

非公開コメント

お父様お喜び

法事が出来る亊も幸せ ですね。

心の中に生きている御父様

おはようございます。

二十三回忌、無事終えられ、嬉しく思いました。御父様も、よろこばれたことでしょう。

昨日(20日)歌舞伎座に伺い拝見シマシタ。千蔵さん、よかったです。
「源太勘当」は密度が濃くなっていると思いました。

本日も、良い日をすごされますように。

十三代目さんの素敵なお写真

懐かしく拝見しました。
親孝行な沢山のお子さんをお持ちで立派なご法要が行われてお喜びのことでしょうね。システィーナ歌舞伎公演中の愛之助さんが参列出来なかったのはお気の毒ですが…

今月公演も残り一週間たらず、お元気でおつとめ下さいませ。

拍手blogコメントに

記録映画の亊書いていらっしゃる方がおいでになりますが、本当に久しぶりに
みせて頂きたいなぁ…と思います。京都 大阪 東京 満員でしたものね。是非に拝見したいものです。



清々しくて温かい

十三代目さまのご法要の様子をありがとうございます。
敬愛してやまないお身内のお心に、素敵なお父様は
いつも微笑んでご一緒にいらっしゃるように想いました。
合掌させていただきました。

再度の、お願い

拝啓

何度も、すみません

再度の、お願いです。

片岡秀太郎様

初めまして

奥田と言います。

お願いがありましてメールを書いています。

片岡秀太郎様と片岡愛之助様

ご関係を聞き 書いています。

実は、僕は脳動脈瘤とうつ病の2つの

病気をもってます。

いつ、くも膜下出血で死ぬか

分かりません。


そこで、失礼ですが

片岡愛之助様の実際使った 隈取と 直筆サイン色紙を頂いたら元気になると思い 片岡秀太郎様の お力をかりて 片岡愛之助様の実際に使った隈取と、直筆サイン色紙を頂けないかと思い書いています。
病院の、病室に飾れば、元気がでると思い書いてます。



片岡愛之助様には、メールとか、繋がらないのが本音です。


本当に、失礼だと思いますが

片岡秀太郎様お願い申し上げ申します

本当に、本当に、お願いします。

返信待ってます。


〒929 0231


石川県白山市美川和波町170 20


奥田 一朗


44歳



djqcj252@yahoo.co.jp




敬具
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム