舞台稽古


今日は義姉の命日なので池上の本門寺に参ってから楽屋入りして、舞台稽古を済ませました。鎌倉三代記の長門、一生演る事ないと思っていましたが、やってみるとそれなりに面白いです。まあ、観て頂きたくはありませんが演りようによっては大事な役です。大切に勤めます。

コメントの投稿

非公開コメント

鎌三

秀太郎丈のお役ではない
と思うものの、三浦之助
への 意見のせりふ 素晴らしいだろうなぁ~ と
遠くから 想像
聴きたいなぁ~~~
聴きたいなぁ~~~

明日は初日

おつかれさまです。

応援しながら、拝見します。

義姉って、失礼ですが、我當丈の奥様でしょうか。我當丈の口上も楽しみです。

良い初日を、すごされますように。

初日おめでとうございます

見ていただきたくはありませんがって言われましても…(^_^;)
やはり初役、どんなかしらと楽しみです。

いよいよ五代目雀右衛門襲名公演開幕、各地での大入をお祈りいたします!
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム