雀右衛門さん!


今日で六日目ですが、雀右衛門さん日を重ねる毎に大きくなってきます!身長ではありません、役者振りで、今まで溜め込んで来た蕾が一気に花開いた感じで、客席もおおいに盛り上がっています!昨日の夜の部は「新ばし」の総見で、黒紋付きで正装の芸者衆が桟敷を彩り、舞台も客席もとても華やかでした!!新ばしばかりでなく京都からも祇園、宮川町の芸舞妓さんたちも客席を賑わして下さって全館大入り続き!私もとても嬉しいです(^.^)

コメントの投稿

非公開コメント

素敵なツーショット♪

なんだか仲良し姉妹のようです~♪
雀右衛門さん、先代さんも当代さんも可愛らしさがあって好きな女方さんです!

京都の襲名公演では秀太郎さんの濡衣で雀右衛門さんの八重垣姫を観てみたいです~
南座耐震工事終わってますように!

観劇日を楽しみにしております。

佳い日々

おはようございます。

舞台-客席、華やかに公演が進行中で、おめでとうございます。私も伺える日<20日>を、楽しみにしてます。

雀右衛門丈は芝雀として五十数年、御活躍でした。芸というものは、そういうものなのだと、感じ入ってます。これからも、秀太郎丈と同様に、心のこもった舞台を、勤められるでしょう。

今日も佳き日を、すごされますように。

プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム