千穐楽



五代目中村雀右衛門襲名披露興行、大盛況の中、めでたく千穐楽を打ち上げました!!口上でも述べたように、私もとても嬉しかったです!今月は大一座とあって幹部楽屋は雀右衛門さん以外はみな「合い部屋」で私は勘九郎さん萬太郎さんと同じ楽屋で、私とは年齢差があって二人とも楽屋にいてくれないのでは…とあんじていましたが、そんなことは全くなく、三人仲良く色々な話をして、毎日がとても楽しかったです(^.^)今夜は愛之助たちが白金台の食文化サロンに連れてくれて美味しく楽しい一夜を過ごしました。明日は朝から小山三さんの一周忌の法要に参列のあと四月興行の稽古に参加します。

コメントの投稿

非公開コメント

千穐楽 おめでとうございます。

素晴らしい 長門 拝見でき 新しい発見 もさせて頂きました。
義太夫狂言の腹ともうしますか…
「音」が素晴らしくて
お役が 三婆プラスになってほしいと思いました
お舞台拝見でき
ほんとうに幸せでした。
秀太郎さまいいのを
拝見 感謝です



千穐楽おめでとうございます!

楽日拝見いたしました。
長門様、病身のお姿故舞台写真もおだしになられていませんが、病姿ながらも凛とした美しさも感じられる武士の母でした。
台詞も病身で弱々しいお声にきこえながらも実際は三階のてっぺんまでしっかり届くというのが音使いってことなのでしょうか…

珍しいスリーショット有り難うございます。
小山三さんももう一周忌ですか…歌江さんの訃報をきいてまた寂しさをおぼえました。
もう来月のお稽古なのですね。前回と同じお役ですが楽しみにしております。
花冷えで寒い日が続きましたが御身ご自愛下さいませ。

千穐楽おめでとうございます

愛之助さんたちとの美味しい夜、素敵ですね〜。

新・雀右衛門さんは、可愛らしいお役の似合う方ですよね。華やかにメディアで取り上げられる役者さんもいる中、控えめな印象でしたが、今月の襲名本当に嬉しいです。

お父様の八重垣姫で、奥庭の八重垣姫をなさったの覚えていますが、十種香、奥庭と通しで観たいですねぇ。

秀太郎さんも、今月も楽しく過ごされたこと、うれしいです。
若い萬太郎さんと、どんなお話するるんでしょうね。たくさん、秀太郎さんから学ぶことがあったでしょうね!

来月も歌舞伎座で、ご自宅を離れお寂しいかもしれませんが、楽しみです。不知火検校、怖いけど、悪党が主役のノワールはなぜワクワクしますよね!

弥生→卯月

おはようございます。

昨日は千穐楽、おめでとうございました。勘九郎丈、萬太郎丈との楽屋、和気あいあいとすごされ、またハネたあと、秀太郎丈が御好きな天麩羅を召し上がりながら、、愛之助丈たちと、御歓談を楽しまれたご様子、嬉しく思いました。

来月は二日が初日。「不知火検校」、どういうわけか、『知らぬは、いけんぞう』と私の頭には響くのです。(-.-)楽しみです。

今日も元気で、すごされますように。

6月

6月はいがみの権太で小せんをなさるのですね。
弟さんの権太で小せんは最高ですが、今度は高麗屋さんで…

もう一年

小山三さんが逝かれてから 一年になるのですね 一年半前 勘太郎 七之助の舞踊公演にいらしていた 小山三さん
10年 中村屋の ファンでいて 本当に哀しい出来事でした
私も 今月は歌舞伎座に足を運ばせていただきます。

歌舞伎、一度も拝見した事がないので

はじめまして。秀太郎さま。
一度で、良いから、歌舞伎を見てみたいと思いました。咲子
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム