中日


昨十四日、無事に中日を迎え、今日から後半にかかりました。私は昼の部の「不知火検校」に少しの時間出ているだけですが、お客様の反響がとても嬉しいです。芝居全体もとてもウケて好評ですが、夜の部の新歌舞伎「空海~」これも好評です!休憩無しの2時間20分、御覧になったお客様が、全然長くお感じにならなかったそうです。

コメントの投稿

非公開コメント

中日、おめでとうございました。

昨日は中日で、おめでとうございました。
私は再来週の24日に、昼夜通しで拝見します。楽しみにしてます。
写メ、素敵です。ありがとうございます。

後半も元気で、勤められますように。

秀太郎さ~ん

中日 おめでとうございます。

御後ろ姿 有難うございます。

みたい! なぁ…なんですけれど

中日おめでとうございます

素敵なうなじとお背中♪

今月は昼夜高麗屋さん親子の通し狂言が話題ですね…

空海は原作読んでいて面白かったので舞台も楽しく拝見しました。長い原作なので舞台に描ききれないところも多かったように思いますが主演の染五郎さん相棒の松也さんの息のあったコンビぶり、児太郎さん米吉さん歌昇さんたち若手さんの頑張りと歌六さん雀右衛門さん幸四郎さんたちの存在感が印象に残りました。
後半もお元気でおつとめ下さいませ。

七月鳥辺山のお花さん楽しみです!
お染と対照的に濁りに沈んで濁りに染まちゃった感じの女性ですが秀太郎さんのお花大好きなんです~

秀さま大好き

もう~もう~
秀太郎さまがだ~いすき・
いつまでも書いてた~ぃ・・・

秀太郎さま 大好き~・ です



秀太郎さま 大好き

藤原紀香さん

火の国の神様は熊本県民の守り神です
決して罰を与えるような事はなさりませんし、罰を下されるような事を熊本県民はいたしておりません。

ここえ

秀太郎はんの事、
芝居の事以外
書いても 無駄だっせ~。

ご家族のおひとりのことですから
仕方の無いこと。

批判や指摘も本人ではないから関係のない事ではないでしょう。

愛之助さんや紀香さんのこと
御指摘されるのがお嫌なのですか?

わては 芝居がすきでここみにきてるのだす。
ご子息の芝居のことなら歓迎だす。
それぞれのblogにKomentoしなはれ おもいま。

笠屋町様

愛之助さん、紀香さんのブログでは
批判的なコメントやご本人にとって喜ばしくないコメントは炎上防止の為、運営により予め削除されています。
お二人のブログコメントには
賛同、賞賛のコメントしかありません。

ですので
反映されるこちらのブログのコメント欄にてご指摘をされるのでしょうね。
ましてやお二人のお父上であらせられる秀太郎さまにお伝えすれば、
愛之助さん紀香さんへの意思が伝わる とお思いなのでしょう。

こちらのブログもコメント欄を管理するか、
もしくは批判や指摘の現況である素を消すか

以前のような落ち着いたコメント欄に戻すためにはどちらかおひとつでしょうね。

耳障りだと思う事に蓋をしてしまってはお2人のためにはなりません
気に入らない意見は悪だと受け止めるようなお2人だとしたらこの先の道は険しく困難な道になりますでしょうね。

笠屋町さん。
へんてこりんなインチキ京言葉を使うのはやめてください。
非常に気持ちが悪いです。
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム