金鈴会


若柳吉金吾師の舞踊会・金鈴会が間もなく神戸・国際会館で開催され、私の部屋子・千太郎が「雨の五郎」を踊らせて頂きますが、二十四日当日は私は歌舞伎座公演中、愛之助は金丸座の千穐楽で家内も金比羅に詰めていて、一門の殆どが手伝いも観る事も出来ない中、京都劇場の公演を終えて歌舞伎座に詰めていた千壽一人、伺うことが出来ます。だいたい千太郎の初舞台から、ずっと千壽が面倒をみているので、千太郎も心強いと思います。何年か前に金鈴会で吉金吾師の「鏡獅子」を、とても結構に拝見した事を懐かしく思い出されます…。歌舞伎座は後六日、来月がお休みなので、ちょっと寂しいです。

コメントの投稿

非公開コメント

松嶋屋!

ご一門各座でご活躍の由、何よりのこととお慶び申し上げます。
千太郎さん、千壽さんが見守る中、きっと確り踊られたことと思います。
今月の歌舞伎座公演も千穐楽が近づいてまいりましたね。お体お大切にお勤めくださいませ。

雨の五郎!

秀太郎丈のお写真毎回、嬉しく嬉しく眺めさせて頂いております。
千太郎さんの「雨の五郎」楽しみにしてましたがいけないので、友人が 観に行き、詳細を報告してくれる約束なので、楽しみにしております。
大いに応援するとも云ってくれてました。
千壽さんが いらっしゃれるようになりましたとの由、千人力よかった!です。

雨の五郎!

秀太郎丈のお写真毎回、嬉しく嬉しく眺めさせて頂いております。
千太郎さんの「雨の五郎」楽しみにしてましたがいけないので、友人が 観に行き、詳細を報告してくれる約束なので、楽しみにしております。
大いに応援するとも云ってくれてました。
千壽さんが いらっしゃれるようになりましたとの由、千人力よかった!です。

楽しみにしております♪

歌舞伎座見納めを23日にしたので24日は神戸に参ります!
雨の五郎、愛之助さんでも千之助さんでも拝見しました。千太郎さんにも期待しております♪
日本舞踊に疎く金鈴会という会を初めてしりましたが、長年続く由緒ある舞踊会なのですね。
千壽さんはてっきりベガス公演のお稽古でいらっしゃれないかと思ってましたらいらっしゃれるのですね!千太郎さんも心丈夫なことでしょう(^^)

それにしても素敵な楽屋暖簾と美しい佇まいですこと♪見とれてしまいました。
今月公演も残り少しとなりましたがお元気でおつとめ下さいませ。

各人各様

おはようございます。

素敵な写メ、ありがとうございます。世話物狂言の一場面のようで、
深い情緒が、ありますね。羽織と
暖簾の紫の調和、その中にただずむ花芯のような秀太郎丈、良い情景の写メで、送付ありがとうござ
います。

千太郎君の「雨の五郎」、初々しい
五郎さんを、私は期待してます。体が大人になれば、また作り直さないといけないと思うので、今回は
あまり緊張しすぎることなく、筋の良さを示せば充分なのではと、思っています。
千壽さんもご苦労様です。ラスベガスにも行かれるということで、楽しんで来てください。ラスベガス《Las Vegas》は本来スペイン語で「肥沃な土地」という意味ですが、そこで多くのことを学ばれることを期待してます。

今月の舞台も、あと僅になってしまいましたが、元気ですごされますように。押し迫った観劇、楽しみにしてます。


6月

来月がお休みで、次は6月また歌舞伎座ですね!
楽しみにしています
ところで、6月に三部制なのは初めてだと思うのですが…
どうしたことで三部制になったんでしょうか

No title

火の国の神様だっけ??

こちらにも

不謹慎狩りの方がいるのですね。

人間だから間違い、活字だからこそ
本当に伝えたい気持ちと違うようにとったり、難しいです。

何かにつけて文句つけたりと
ギスギスした時代になりましたね。


プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム