金鈴会での…



千太郎の「雨の五郎」無事に踊らせて頂いたようです。「関西歌舞伎を愛する会」の方々や写真家の堀出先生、多くの方々にご支援頂き、有り難う御座いました。千太郎も大変勉強に、良い経験になったと思います。千壽が付いていたので心配はしませんでした。何よりも素敵な経験を積まして下さった吉金吾師に、心から感謝しております。歌舞伎座もあと二公演になりました。昨日は京都から、今日も大阪から観劇に来てくださり、本当に有り難いと思っております。あと二日、頑張って舞台を勤めます。

コメントの投稿

非公開コメント

千太郎さん

拝見しました!
拵えしての踊りかとおもってましたが素踊りでしたね。拵えがあると衣裳は重くて大変ながらも衣裳や隈取りで五郎にみえるという利点がありますが素踊りはそこが難しいですね。
千太郎さん、くせのない素直な踊りで好感がもてました♪しっかり踊ってらっしゃいました。「十八年の」と指折り数える所作にはつい心で「どうみてもまだ十八年も生きてへん…」とつっこみをいれながらも可愛い五郎嬉しく拝見しました。千壽さんとのツーショットも有り難うございます! 千壽さん東京からとんぼ帰りでお疲れ様です。
歌舞伎座も残り二日ですね。暗いお芝居の中ご登場でちょっと気分が明るくなる素敵な存在感のおもとさん、千穐楽までお元気でおつとめ下さいませ。

歌舞伎座

千太郎ちゃんの素晴らしかった様子はyさんのメールでお聞きしました。千壽さんがしっかりフォローされてたとのことで何よりでしたね。
私は今日は歌舞伎の2回目の拝見でした。短い出番ながら、おもとさんの存在感が素晴らしく、宇野信夫さんに、おもとさんの人物像をもっともっと書いて欲しかったとつくづく思いました。

No title

千太郎さんは愛之助さんのように
背後の禍々しいお嫁さんをもらうことの
ないようお育ち下さる事を願います。

このご結婚は、お嫁さんの背後の力が
幸太郎様との仁左衛門襲名争いに有利なのでしょうか、、、、

かつての交際相手、熊切さんとの間では、ご贔屓筋が結婚はまだ早いと反対され別れ話を、との事でしたが、、、、
あれから一年も経たずにご結婚とは、なんとまあ、、、。

松嶋屋さんは何か弱みを握られていたり脅されているのでしょうか、、、
心配です。

拝見

おつかれさまです。

本日、歌舞伎座拝見しました。
おもとさん、美しいだけでなく、
適度な妖艶さもあり、面白さも
あり、とてもよかったです。今月は粒選りの狂言が並んで、楽しく拝見しました。空海はもう少し整理した方が良いのかなとも思いましたが、初演ですから、上出来でした。
千太郎君の写メ、ありがとうございます。線がとても美しく、これから先が楽しみだと思いました。
千寿さんも御苦労様でした。なんだか千太郎君より、緊張しているように、見えます(-_-)。

あと二日、元気で勤められますように。


役者さんの素踊

役者さんの素踊って、色気があって美しくていいですね。大好きです。

秀太郎丈の素踊も、久しぶりに拝見したいものです・ だ~いすきです。

藤原紀香さんって、ブログにこちらの情報ペタペタ貼って更新ばかりして、
そんなことより!!実際に行動はしないのですか??
大変なときに、あんな長い文章いちいち読んでられないですよ!

無記名のクレーマーさんへ。

幸太郎さんて誰ですか?
人を攻撃するならきちんとやりましょうよ。
突っ込みどこを与えてる様じゃ間抜けとしか言いようがありませんよね。
二度とコメント残さないで下さい。

紀香さん ご苦労様とお疲れさまの使い分けも出来ない方なのですか?
それとも常に自分より下に見ているからついご苦労様と言っちゃうのかな

ご贔屓筋の方にご苦労様なんて言ったらエライコッチャですね(笑)
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム