小せんと維盛(これもり)

七月の巡業は『義経千本桜』の三段目、「すしや」で主役の権太郎の女房小せんと、弥助(実は平維盛)の二役を勤めます。京都の南座で山城屋さんが権太郎をなさった時、この二役を初演で演じ、その後東京の国立劇場で、成田屋さんの権太郎の時も、この二役を勤めています。その後高麗屋さんの権太郎で維盛を勤め、仁左衛門の権太郎では、ずっと小せん一役を勤めていましたので、今回は久しぶりに小せんと維盛の二役を勤めさせていただく事になりました。どちらも好きなお役です。健気でいじらしい小せんと、おっとりした和事の弥助。この弥助も平維盛に戻ると演じ方も変わり、少し凛々しくなります。二幕目の「釣瓶すしやの場」では、最初は弥助で登場して維盛になり、そして一旦退場して、維盛の奥方の身代わりになった小せんで登場。そして最後は再び維盛で登場と、かなり忙しいのですが、私はこの場の小せん(一言も台詞はないのですが)を、とても大事にしています。ほとんど毎日二回公演、暑い盛りの公演ですが、千秋楽まで元気に頑張りますので、是非何処かでご
観劇ください。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お話有難うございます。秀太郎さんのこの二役、聞いてはいても、全く初めて拝見出来るのです。嬉しくてなりません。猛暑の折、おからだ大切に。フアンとしましては、この上ない、嬉しいお役。大切に拝見させて頂きます。

No title

昨日、「すし屋」を拝見いたしました。「木の実」のところで、権太と小せんのやりとりを観ていて、幼い子をもつ若い夫婦の幸せな様子に早くも涙がにじんでしまいました。身代わりになるまでの二人のやりとりや善太に言い聞かせる言葉まで思いやられて…。
魅力あふれる舞台に大満足いたいしました。松嶋屋の役者さんはもちろんのこと、竹三郎さんや薪車さんの舞台もこれからどんどん拝見いたしたく存じます。すてきな時間をありがとうございました。

No title

江戸川で、千本桜拝見しました。秀太郎さんの立役があんなに素晴らしものとは、知りませんでした。お品があって、美しくて、素晴らしかったです。
小せんには、泣かされました。権太と三人で花道入るとこ、秀太郎さんのこせんとてもかわいかったです。 秀太郎さん 好きです。大好きです。

No title

江戸川で拝見しました。仁左衛門丈の権太郎は3度目、秀太郎丈の小せんは2度目です。しっり者だけど可愛い女房は秀太郎丈が一番です。実は弥助は初めて拝見しましたが、ふわ~~とした弥助から維盛に背中で変わられる瞬間に身に付いた芸の大きさを感じました。
小せんが若葉の内侍の身替りになり引かれて行くところ、大抵は御弟子に代役をさせる役者さんが多い中で秀太郎丈は必ず自分で勤められるのは凄いと思います。目の演技の大事な所ですから、全て御自分でされるのでしょうね。

No title

連日の舞台、ご苦労様です。

私は西に住んでおります為、今回の巡業を拝見する事叶いません。9月には拝見できるのですが…
暑い最中ですので、お身体には充分御自愛くださいませ

No title

ぶーぶ様  秀太郎丈のこの 小せん 弥助は拝見して、余りの素晴らしさに絶品とはこれかと知らされました。西から是非名古屋辺りまでお運びになる価値おおありだとおもいます。
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム