千穐楽


歌舞伎座六月興行も、今日26日、めでたく千穐楽を打ち上げました!!今月はご当地東京は元より、京都大阪からいつも以上に多くの方々にお越し頂き、中には京都から何度も観に来てくださり、とても嬉しかったです!江戸風の「すし屋」は久しぶりでしたが、高麗屋さんとの息も合い、抵抗なく演じる事ができました。今日は父の月命日で、朝池上の本門寺に行ったら、いつものNさんご夫婦が墓石を綺麗に磨いて下さっていました。ご夫婦はお若くて父とは直接お会いになった事はないそうですが…、本当に有り難いと思っています。歌舞伎の舞台を終えて紀尾井町での「今藤政太郎作品演奏会」を聴きに行きました。懐かしい「雨」も長一郎さんの代官以外は配役も変わりましたが、美知さんは益々素敵で、初演時の今は亡き文子さんなどの事を偲びました。会場には常磐津英寿さんや尾上墨雪さんなどもいらっしゃって、客席もすごいメンバーでした。

コメントの投稿

非公開コメント

千穐楽 おめでとうございます

おめでとうございます

千穐楽おめでとうございます。

情溢れる小せん、素晴らしかったです!
暫く東京の舞台はお休みですね・・・
そういえば最近街中で権太と同じような柄の洋服を着た女の子達をよく見かけます・・・流行っているのかしら・・・?
来月は大阪で雀右衛門丈襲名の公演ですね。
秀太郎丈の益々のご活躍をお祈りしております。

千穐楽おめでとうございます

小せんさん本当に高麗屋さんとも息があってらして自然でした(^^)
今月は一度きりでしたが拝見出来てよかったです。

来月は地元大阪なので何度か足を運ぶ予定です。
まずは船乗り込み楽しみにしております♪照らず降らずの気候でありますように…

祝賀! 千穐楽!

千穐楽、おめでとうございます。
千穐楽の出を終えての演奏会、また格別の趣だったのではないでしょうか。政太郎さん、新たなスタートをきられての記念すべき第一回演奏会に秀太郎丈がこられて、嬉しかったことでしょう。

気をつけて帰阪されますように。
ひょっとして、もう着いているのでしょうか。


千穐楽おめでとうございます。

来月も伺いたいと思います。

千穐楽おめでとうございます

前回ブログの「小せん」さんのお写真を拝見して今月お舞台を拝見できなかったのが残念でなりませんでした。
このお写真からは秀太郎丈のお声が聞こえてくるようでした。
7月は何度か拝見できるかと楽しみにしております!
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム