読んでください!!


今日一ヶ月振りに我が家に帰ってきました!一冊の本が届いていました。講談社発行、関蓉子さんの「客席から見染めたひと」。月半ばに届いたことは連絡がありましたが、現物は初めて見ました。仲代達矢さんや串田和美さん方16人の中に、歌舞伎から私と扇雀さんの事を載せて下さってます。以前インタビューを受けた記事をまとめて「本」になさったのですが、とても良く書いて下さっています。是非ご購読ください!!

コメントの投稿

非公開コメント

大阪にお帰りなさい♪

関さんのご本に秀太郎さんもでていらっしゃるのですね♪
今度本屋さんで探して買います~(^^)

緑陰読書

はーい。了解。
『書棚で見染める本』ですね。(-.-)
拝読します。楽しみです。

もち

かいまーす

ありがとうございます

関さんの本に秀太郎様がご登場という嬉しいお知らせをありがとうございます。是非拝読したいと存じます。
とても楽しみです。

早速

先月末に仁左衛門さんと関容子さんのトークを聞きに行った時、関さんから、来月出る本に秀太郎さんのことを書いてあると紹介がありました。書名を言わなかったので、情報を待っていました。
アマゾンで注文すると、配送料が無料で翌日届きます。今日届く予定です。楽しみです。

かいましたぁ~・

これから読ませていただきます。嬉しいです!!

わぁぁ!!

一回目 読ませて頂いて うなずきながらそうそうそう 第二回目にかかります

豐竹山城少掾

番頭伊藤さんのご子息銀杏さん、のちの南座等の支配人さんですがそのくだりよんで

文楽の最高峰
豐竹山城少掾さんは
お小さいころ
松嶋やのお弟子で
片岡銀杏 というお名前と 聞いたのおもいだしました。


読みごたえのあるご本

いい御本 お知らせ頂き 本当に有難うございます。
これからゆるゆるよみかえしよみかえし 楽しませて頂きます。

読みます‼

早く本屋パトロールをしに行きたくなりました。
勿論、買って読ませて頂きます。

素敵なお知らせありがとうございました❤

かなり、遅くなりましたが

秀さま
読ませていただきました!
咲子
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム