7日目


口上の開幕前、鴈治郎さんとパチリ!雀右衛門襲名興行も、早くも1週間が経ちました。お陰さまで大入り続きで活気に満ちた襲名興行で、楽屋も和気藹々!今日も御贔屓が京都から祇園、宮川町、先斗町の芸妓さん方を連れてご観劇下さり、客席もとても華やかで、終演後も楽しく過ごさせて頂きました(^.^)六日には先斗町の総見華やいでいましたが、明日は祇園町の総見で新・雀右衛門さんを祝ってくれます!客席の熱気に負けないように、頑張って舞台を勤めます。

コメントの投稿

非公開コメント

何かの打ち合わせ?

おはようございます。

連日の華やぎ、盛況、おめでとうございます。
写メでは、鴈治郎丈と何かの打ち合わせでしょうか。鴈治郎さんも昨年一月にそちらで襲名興行を始められて、まだ一年半なのに、私にはどこから見ても、鴈治郎はんで、めでたいことです。襲名は道しるべを与え、それがあるからこそ当代の創意工夫が生きるということでしょうか。
雀右衛門丈襲名の賑わいの中で、秀鴈太郎次郎の御活躍で、この公演も一段と味わい深いものになっていることでしょう。
来週末には拝見します。楽しみにしてます。
暑くなってきました。お身体、大切にすごされますように。

なにやら内緒話し?

楽しそうなお写真有難うございます♪
本日拝見します♪

先斗町火事が心配でしたが華やかに総見におこしだったということは花街は被害がなかったのですね。よかったです。
今日は祇園の総見ですか!華やかでよいですね♪
舞台は勿論客席も楽しみです♪

今日

今月3回目の拝見です。
伊左衛門への情に満ちた、しっかり者のおふささん。抹茶色のお衣裳がお似合いで、短い時間が残念です。
口上は。今日の秀太郎丈の口上はとても力強くて、いつもおっしゃる内容もすごくインパクトがあり、いちばん声量がありました。
お花さん。無垢の乙女のお染さんとは対照的な、客扱いも場馴れ、少ししどけなく座った姿は色気満点。

今日、4回目でした

秀太郎丈のことでなくて失礼ですが、今月、蝙蝠安と鬼一で渋い演技の歌六さんが、若い米吉の頃に、鳥辺をお花をなさったそうですね。ご覧になりましたか?

No title

本日、お昼の部を観劇しました。
花道横のいいお席。
秀太郎さんが少し遠かったのが残念でしたが、
素敵なお姿を拝見して、私も頑張ろうと、思いました。

関さんのご本、手に入れまして、秀太郎さんのインタビューを真っ先に読ませて頂きました。
文章から秀太郎さんの思いがにじみ出て来るようでした。

文月舞台

おはようございます。

本日拝見します。

プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム