晴の会



松竹座の夜の部の鳥辺山心中の舞台を終えると晴の会の稽古。出演者はもとより、演出の山村宗家、今藤佐俊郎さんを始めとする邦楽陣も遅くまで頑張って、何とか面白い舞台になりそうです!!松竹座公演も後五日、こちらもしっかり頑張ってます。

コメントの投稿

非公開コメント

楽しみです♪

去年とっても楽しかったので今年も期待しております!
お稽古遅くまでお疲れ様です。
明日はまた松竹座公演拝見します!

阿倍野歌舞伎

おはようございます。

「晴の会」公演、楽しみにしてます。上方落語がベースになっている狂言をやられると聞いてます。

今年は八月、外にでるので[;夏祭浪花鑑」、拝見できないのが残念です。

あと僅かになりました。皆様の御活躍を祈念してます。

暑中お見舞い申し上げます

ブログでのお話とお写真拝見して楽しませていただいております!
おふささん、秀太郎さんらしく懐かしい感じがしました。
お花さんは何とも言えない華やかで触れなば落ちん風情と
そこで生きている女の艶を感じます。舞台写真ゲットしました。
今月は昼夜とも2回拝見できてとても幸せです。
もう一回拝見できたらと思っています。
晴の会のご指導お疲れ様です。楽しみにしております!
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム