千穐楽




今年の天神祭、雨の予想を覆し、暑くもなく良い船渡御でした。松竹座は今日(27日)が千穐楽、連日大入り続きで毎日京都花街の芸舞妓さんが客席に花を添え、東京からも大勢来て下さって、とても華やかな興行でした。千穐楽の翌々日は昨年発足した、あべのハルカス・近鉄アート館における「あべの歌舞伎・晴の会」第二回公演の初日です!毎日松竹座の終演後、深夜まで稽古に励み、いよいよ29日に初日を迎えます。若い役者たちに今は亡き、父を始めとする先輩方に教えて頂いた「歌舞伎・芝居の基本」を指導さして頂ける場所を提供していただき、本当に有り難いと思っています。和事歌舞伎の基本を大切にした「和風ミュージカル」のような芝居です。有り難い事にすでに連日大入りのようで、期待して下さっているお客様に、きっと喜んで頂けると思います。宜しくお願い致します。

コメントの投稿

非公開コメント

千穐楽おめでとうございます

おとといは昼夜観劇のあと、天神祭の船渡御も拝見。昨日も昼夜観劇。お芝居がどんどん深くなり感動の連続でした。そして今日も。今月は延べ7日も通ってしまいました。
明後日はいよいよ晴の会ですね。新聞に大きく取り上げられたりして注目され、期待が高まっています。ご成功間違いなし。ご盛会を確信しております。どうぞお体に気をつけられて頑張ってください。

祝賀! 千穐楽! 

おはようございます。
盛況のうちに、本日、千穐楽を迎えられ、おめでとうございます。
舞台に呼応して、華やかな熱気が、今日は一段とすごいと思います。
楽しんで、勤められますように。

第二回晴の会公演、楽しみです。

五つ松 耀き出でる あべのにて
伝えゆかまし 和心の華

さらにしっかりと、根づきますように。



千穐楽おめでとうございます♪

天神さんの花火におふささんに晴の会の五人衆勢揃いのお稽古にと色々お写真有難うございます♪

「夕霧名残の正月」何度か拝見しましたがそのたびに細かい演出が変わっててよりよくなってきて短い一幕でしたが満足いたしました。

第二回晴の会、とっても楽しみです!
卒塾生さん達のこういうご活躍の場があることが嬉しいですし、彼らのご成長ぶりや彼らの上方歌舞伎への熱い思いを聞くにつけ、秀太郎さんは上方の歌舞伎の後継者を育成するという尊いお仕事をなさったこと、としみじみ実感いたします。

松竹座公演は今日で千穐楽ですが上方歌舞伎の公演はあべのと文楽劇場で来月もあるので夏は楽しみいっぱいです(^^)

千穐楽おめでとうございます

天神祭の花火、、今年の涼風を映すようです。
華やかに千穐楽を迎えられますことお慶び申し上げます。
今日はお花さんを拝見できますのでうれしいです。
暑さに向かいご自愛くださいますようお祈りいたしております。
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム