晴の会いよいよ


松竹座の千穐楽が昨日(27日)、あっと云う間に明日(29日)は晴の会の本番。今日の舞台稽古も済み、明日は遠し舞台稽古の後、午後の6時に初日をあけます。スケジュールを含めいろんな事に反省、責任を感じています。何とかお客様に喜んで頂けるように、無事に舞台を勤められルように、祈るばかりです!!

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れさまでございました

まず舞台稽古を拝見出きるのが 楽しみです。
秀太郎さま 塾生を
お慈しみくださいまして 本当に有難うございます。

文月→葉月

おはようございます。

写メ、ありがとうございます。
大団円の舞台でしょうか。とても
楽しそうな情景に思えます。監修お疲れ様です。私は日曜日の16時開演の回に拝見します。

公演後の八月二日には、出演者による"
歌舞伎ワークショップ"も有るようです。こちらも含めて松島屋の皆さんも、おつかれさまです。

初日おめでとうございます♪

拵えした五人衆のお写真有難うございます!
狐は千壽さんだと思ってましたがりき彌さん佑次郎さんにもお耳がついてますね♪
ここはどんな場面かしら?

いよいよ初日、ワクワクです~
公開リハーサルから参ります。
連日のお稽古の成果を拝見するのを楽しみにしております!
千穐楽まで大入でありますように(^^)

開幕おめでとうございます

見に行かれなくて残念至極ですが、今日のリハーサルの様子がYouTubeで配信されました。団七格子の松十郎、千次郎君。そして華やかに化けた狐がお婆さん姿への千壽君。海老反りも、3人のコミカルな踊りも楽しかったです。
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム