あと一回!


あっと云う間に3日間が過ぎ、明日はもう千穐楽。最後の一回、大切に勤めて、悔いの残らない千穐楽にしてほしいです。今日で五回、全公演を観て下さっているお客様有難うございます!再演の可能性がない作品です。明日の最終回も宜しくお願い致します。

コメントの投稿

非公開コメント

明日はもう千穐楽ですね

始まるとあっという間です…
細かいところの変化進化があり今日も楽しかったです♪
あと一回楽しみにしております!

拝見

お疲れ様です。良い芝居で、心が揺れ動きました。秀太郎丈は、いろいろな引き出しを、お持ちで、改めて感服しました。役者さんたちも、よくそれに応えていて、皆さんの「演技で一つの世界を創造する」情熱は素晴らしいです。私が今日出演の役者さんであったら、毎夏、あべのにきて、一年の勉強を振り返る機会にすると思います。松には年輪があるからです。
拵え、装置(美術)も良かったです。
特に音楽が、新作作品なのに、そつがなく、すごい実力と思いました。

この作品に千穐楽があるなんて、残念です。

楽しかったです

『晴の会』初めて観劇しました。
楽しかったです。良い意味で、裏切ってくれましたね。
五人の頑張りぶり、一生懸命さ、伝わりましたね。
また、歌舞伎を観る楽しみができました
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム