四の切ちょっと!


今月五日、NHKーETVの「古典への招待」(だったと思います)夜の11時からの番組で一昨々年の南座・顔見世、猿之助襲名の折の「四の切」を9分間使うそうで、局から了解を求めてきました。静と義経が少し映るらしいです。尚再放送もあるそうです。良かったらご覧ください。(9分だけなので静は殆ど映らないと思いますよ!!)

コメントの投稿

非公開コメント

わ~い[i:63947]

お知らせ有難うございます。 楽しみに致します。

静御前

おはようございます。

御案内、ありがとうございます。
拝見、楽しみです。該当日の放送は
太鼓、鼓に焦点を当てた内容のようです。

些細なことで恐縮ですが、「古典芸能への招待」は毎月最終日曜日(放送の無い時もある)で、毎週金曜日のは「にっぽんの芸能」です。
尚、再放送は八月八日午後0時です。


しばし、ゆっくりとされて、すごされますように。

予約してあります

歌舞伎モバイルの予告に早くから載っていて、秀太郎丈のお名前もあったので、すぐに録画予約してあります。テーマは鼓ですから、鼓を打つ静御前が映るのは間違いありませんから‼
CSの衛星劇場では7月に鎌倉三代記と、二人夕霧が放映されましたが、今月来月は秀太郎丈のがないので寂しいです。でも今日と明日は我當丈の女暫と曽根崎が放映されます。

楽しみです

この静のお写真素敵♪
明後日ですね録画予約しときます~
毎日暑いですがご自愛下さいませ(^-^)/

お知らせありがとうございます

想いのこもった美しいお写真ありがとうございます。
放映楽しみです!
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム