いよいよ上京!

長かった夏休みも有意義にすごし、本日いよいよ上京!明日は国立劇場五十周年の祈念行事に参加します。今回の公演の稽古は比較的短日で29日が稽古始めです。たしかに仮名手本忠臣蔵は、役者なら誰でも明日が初日でも大丈夫なので、長い期間の稽古はいりません。どんな役でもぶっつけ本番で大丈夫です。しかし秀太郎の由良之助や師直は、サダメシチンケなものてしょう

コメントの投稿

非公開コメント

うわ~

歌舞伎の役者さんなら、忠臣蔵のお役は、どのお役も即 出来なければいけない という おさとしですね。
すごいなぁ

顔世御前 楽しみに 楽しみにしております。 拝見側も 頑張らねば☆☆☆

No title

秀太郎さま、
紀香さんに、お着物の選び方、着方、所作、言葉遣いをもっとお教え下さい。
お着物については、秀太郎さまなどはプロフェッショナルですよね。
わざわざ、自分でブログになど載せなければ良いのに、なぜ、わざわざ見せたがるのでしょう。
ご結婚に関しては自分はお商品ではない筈ですよね。
日陰でひっそり咲く花にも美しさがあることを、梨園の妻となった者には、きちんと習得して頂くべきです。
今まで、どの奥方さまもわざわざ自分のことを書いてアピールした方はいなかったですよ。
愛之助さまはご養子で血筋ではありませんが、秀太郎さまが恥ずかしいことにならないでしょうか。

忠臣蔵楽しみです~

師直や由良之助も俳優祭の天地会ででも拝見したいものです(^^)がまずは来月の顔世御前を楽しみにしております!

それにしても忠臣蔵のお役はいつでも出来る状態でいなければならないって凄いことですね…一度秀太郎さんで判官様を拝見してみたいです!切腹の場に仁左衛門さんの由良之助がかけつけてお二人でのやりとり拝見したいです~いつか大阪か京都でお願いいたしますm(__)m

明日は愛之助さん披露宴ですね、おめでとうございます。

明日は

演劇界今月発売の号に国立50年の歩みが載っていて、第一声となった孝夫さんのことは載っていないけど、お父様の由良之助その他の写真が載ってますね。開場がついこの間のように思うのに、もう半世紀とは。
明日は国立と帝国ホテル、お忙しくもおめでたい1日ですね。

物語は秀太郎丈の美貌で始まる。

お疲れ様です。明日も国立劇場、帝国ホテルとお忙しいですね。顔世御前は忠臣蔵の物語の発端となる大事なお役ですね。期待してます。
秀太郎丈の由良之助、師直も拝見してみたいと思いますけれども、
由良之助、師直を演じられる役者さんは、沢山おられるので、やはり秀太郎丈は顔世御前で勤めて頂かないと困ります。拝見楽しみです。

ここ二三日、東京は蒸し暑い天気ですので、体調くずされませんように。

恥知らず

紀香を賢くて立派な女性と思ってる人がいるようですが

瀕死の愛犬のそばでうっとり歌を歌い動画にとりブログにアップ
その後、愛犬の屍写真をブログにアップ
そういう時によくのんきに写真を撮ったりできるものですね。

挙式の白無垢、まるで愛之助専用の紋のごとくで
派手な金色にして、自慢げにみせびらかす神経
自分を女優!?と思い込んでる図々しさ。

どうしてこんな人が松嶋屋の嫁になったのでしょう。
愛之助さんは売れに売れてるようですから
後押しはもう必要ないと思います。
養子縁組解消されてはいかがですか。

先々はここぞとばかりに仕切りまくり弟子達に風水を押し付け
千之助さんには情婦上がりの女優など押し付けそうですね。

No title

誹謗中傷ばかり。暇ですね

No title

ひろ様

愛犬の屍写真をブログ掲載したのは誹謗中傷ではなく本当です。
私もそのブログ日記をみました、黒のラプラドール犬でした。
ネット上でも「信じられない行動」と随分、騒がれましたよ。

No title

藤原紀香の嫌われようがすごい。

No title

紀香さんのあのかんざしは駄目ですよね。
舞妓じゃないんですから。

ここは秀太郎丈の

blogです。
紀香は紀香のところへ どうぞ!

お許しになっていない結婚、ということなのですね。

女優業は辞めないで梨園の妻されるのですか?

がっかりです

愛之助さんは 品が落ちましたね

お小さいころから縦社会で育ち
厳しく躾けられたはずでいらっしゃるのに
社長夫妻の写真をブログアップして媚びたり
さも自分だけが特別扱いされたるような文章

さらに家紋の大安売り(苦笑)
この商品はマルチという噂がありますが
大丈夫でしょうか

http://www.flax.co.jp/2016/10/post-30.html

君の名は。見てきました♪

公開後すぐ秀太郎さんのブログで評判をきき興味をもち、映画の割引日の本日みてきました♪凄くよかったです~(^^)神楽振付の壱太郎さんのエンドクレジットもしっかり拝見しました♪

ヒロインの声が「舞妓はレディ」の上白石萌音さんだったのですね~あの映画も観たいみたいと思っていて秀太郎さんのブログでの評判が決め手となって見に行ってとてもよかったです!
歌舞伎にはまってからすっかり映画を鑑賞する回数が減ってしまいましたがたまにいく映画選びの参考にさせいただいております!
帰りにTeクノさんにも寄りました♪

愛之助さんのブログって 紀香さんが
書いてるって本当ですか。
思ってもみませんでしたが、ありえますよね。

No title

秀太郎様

愛之助さんの披露宴も無事終わりましたね

フラメンコどのような姿が観られるか
とても楽しみにしています

そして遅くなりましたが以前こちらで
映画「君の名は。」のことを知り
やっと今日観て来ました!心に残る場面でした
帰宅してからも、ずっと忘れられません

映画のこと記事にしてくださり有難うございました
また明日から雨が続くそうです
冷えないようお過ごしください
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム