やっと更新



あと3日になりました。記念興行の第一部が良い形で十一月の第二部につなげる事が出来て嬉しいです。顔世御前は50年ほど前に初めて勤めて以来、随分やらせて頂き、色々と思い出がつきません。判官の奥方でありながら師直との接点の方が多く、②鴈治郎おじ様や③延若兄さんの師直で勤めさせて頂いた顔世は今でも忘れることは出来ません。その顔世御前も後三回…、悔いのない舞台を勤めます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム