歌舞伎座中日!!



13日ははや中日。襲名披露興行は先月から続いているのに、新・芝翫さんは全然疲れた様子を見せず、毎日溌剌と舞台を勤めて、楽屋でもとても元気!疲れていない筈はないのに…、やはり凄い役者だと思います。それと不思議なのは今月の私。昼の部の「お兼」夜の「微妙」、それに口上で頑張っているのに全く疲れないで、毎日楽しく、元気に舞台を勤めています。やはり私は芝居が合っているようで、先月の顔世御前も久しぶりに確りと勤めましたが今年の前半は正月はお休み、3月4月は出演時間が2、3分間。5、8、9月がお休み。そして10月はいきなり「顔世御前」。8、9月、2ヶ月の休みあとなので体力的に不安でしたが無事に勤めて、今月に繋ぐことが出来ました!来月の顔見世、正月は両公演とも軽い一役で、暇な公演が続きますが、それらの役を大切につとめ、自分への挑戦で悔いのない役者生命を全うしたいと念じています。

コメントの投稿

非公開コメント

軽やかな歩調

おはようございます。明日は速くも中日。おめでとうございます。
今月は三本で、どれも大切なお役目。元気御勤めで、嬉しいです。
芝居は、秀太郎丈にとって、人生の
ペースメーカーなのだと思います
後半も、皆様いつもと同様に、過ごされますように。

明日は中日ですね

新芝翫さんも秀太郎さんもお元気でお務のご様子でなによりです(^^)
お正月、対面の変わったやつで工藤の女性版とはいかに?とお父様譲りの工藤の台詞が聴けちゃったりするのかしら?と妄想しておりましたが出番は少ないのでしょうか…(^_^;)
来月は一役なのは残念ながら襲名披露演目にご出演で仁左衛門さんの伊左衛門なので楽しみです!劇中口上もあるかしら?と期待しております。
暖かくなったり寒かったりの気候ですが御身体にお気をつけて後半も益々お元気でいらっしゃいますように!
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム