中日



芝翫さん親子の襲名興行、盛況のうちに今日(13日)中日を迎え、明日から後半に入りますが、芝翫さんは益々元気です。私も大変に元気に楽しく舞台を勤めています。昨日今日は兵庫の出石で芝居をしていた吉弥、千次郎、千壽が挨拶に訪ねてきました。確か11日が千秋楽でこのあと小旅(短期巡業)に出掛けます。この公演では千太郎が連獅子の仔獅子を千壽が宗論を踊ります。因みに吉弥は確か「鷺娘」を踊るそうで、皆明日札幌に向かいます。仙台などにもいくそうですが、歌舞伎座と同じ25日が千秋楽なので観る事が出来ず残念です。元気に頑張ってほしいです!今月は私の床山の望峰ちゃんが孝太郎に付いて博多に行っているので、葉加瀬太郎さんならぬケン太郎が頑張ってくれてます♪

コメントの投稿

非公開コメント

中日拝見いたしました

加賀鳶のお兼さん、高麗屋さんとの息も益々合ってとてもよい憎みきれない悪党コンビぶりについ笑ってしまいました♪
盛綱陣屋の微妙様は孫への恩愛と高綱の忠義と武勇を守りたさとの思いに苦しみ「先生の仇同士が…」の台詞が胸に迫りました。そして左近ちゃんの名子役ぶりにたっぷり泣かされました(T-T)
昼夜素敵な舞台を有難うございます!

千壽さん千太郎さんとのショット有難うございます♪巡業も拝見いたします♪
札幌までいらっしゃる巡業組は勿論ですが歌舞伎座の秀太郎さんも寒暖不順の折から御身体にはお気をつけ下さいませ(^-^)/

祝賀! 中日!

中日おめでとうございます。
すべて佳い調子で、嬉しいです。
ビータ《=旅興行のこと》の御弟子さんも元気に勤められますように。そして《雪月風花》(秀太郎丈の背景にある掛軸の第三文字がよくわからないのですが、たぶん?是だと思うで、各地で自然に触れられ、リラックスすると同時に心の糧となると良いですね。秀太郎丈も元気で、なによりです。以前の写メよりお若くなられました。
千壽さん、千太郎君も頑張ってますね。応援してます。千太郎君をみて、秀太郎丈の「上方をんな」に掲載されている写真でお父様、お母様、そして沢山のお子達が一緒に撮られたものがありますね。あの時の秀太郎丈が脳裡に浮かびました。
世間はいろいろなことで、騒がしいですが、皆さん、一筋の道、御健闘を祈ってます。

プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム