舞台稽古



今日(30日)、「雪の対面」の舞台稽古が行われ、今年中の仕事納め、明日の大晦日と元旦はお休みです。「雪の対面」けっこう華やかで古典的で、美しく楽しい芝居になってきました!楽しみにご覧ください!!

コメントの投稿

非公開コメント

楽しみです♪

梛の葉様もやはり家紋柄のお召し物なのですね!美しくも貫禄を感じさせられます(^^)
そしていつもの対面だと出演者さんは立ち役さんが大半ですが女性陣が大勢でなんだか華やかでいいですね♪橋之助さん達ご兄弟の襲名披露狂言ですが梅花さんのご披露でもあるのですよね。
いち早く舞台稽古のお写真を有難うございました。期待が高まります!
今年も沢山の素敵な舞台とブログでの楽しいお話を有難うございました。
来年も秀太郎さんにとりましてよい一年となりますように!どうぞよいお年をお迎え下さいませ。

申→酉

おはようございます。
素敵な写メ、ありがとうございます。拝見、楽しみにしてます。

良い年を、迎えられますように。

梛の葉さま

お写真ありがとうございます。

正月らしい華やかさ美しさが楽しみです。

写真と言えば、隼人さんのブログで国立劇場の忠臣蔵を振り返って、顔世御前と力弥のツーショットがあがっていました。後輩にも慕われる秀太郎さま。
来年の舞台も楽しみにしています。
どうぞ佳いお年を。

良いお年を

すでに本番そのものの舞台と、梛の葉さまのお写真有難うございます。見たことのない狂言だけど、華やかな舞台が容易に想像できました。
今年もたくさんのご出演ご熱演お疲れ様でした。有難うございました。
どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム