初春興行




昨二日、めでたく初日があき、昼夜共に大入りの盛況!「吉例壽曽我」はお陰さまで好評どした。今日3日は「演劇記者」の方々の観劇日でしたが数人の方々が「綺麗で古風で楽しかった!」と云ってくださいました!!「対面」からつぎの出番の「口上」までかなりの時間があるので、長女と千日前にある小動物カフェに行き、色々な可愛い動物を見たり抱いたりして楽しみました。写真をイッパイ撮ったのですが、ここでは1匹見て頂きます(^O^)

コメントの投稿

非公開コメント

かわいい!!

初日拝見 すばらしい秀太郎さんの 舞台に凄い!と思いました。また、とりわけせりふまわしに
酔わせて頂きました。また 拝見出来ます日を楽しみに致します。
可愛いお写真有難うございます。

祝賀! 初春の賑わい。

おはようございます。
初日無事開幕、吉例壽曽我の好評、そして興行大盛況、いずれもおめでとうございます。
写メ、ありがとうございます。口上の拵えと、ハリネズミでしょうか。可愛いいですね。はな(鼻)が東向きなので、画が落ち着いて見えます。
中日ごろの拝見、楽しみにしてます。
歌舞伎座初日、いてきました。愛之助丈、大活躍で良かったです。

元気ですごされますように。

ハリネズミですか?

とっても可愛いですね。
秀太郎丈の懐で気持よさそう。
一度足を運んでみたいカフェです。

2日のNHK初芝居中継で、ほんの少しですが、ダイジェストを見ました。おっしゃっていたように雪の舞台で清々しい華やかさが秀太郎丈にぴったり。見得も品があって、演劇記者に好評なのも納得できます。早く生の舞台を拝見したいものです。

口上姿のお写真嬉しいです♪

小動物カフェっていうのがあるのですね!一度行ってみたいです
ハリネズミさん可愛いです(^^)
吉例寿曽我、秀太郎さんのお父上譲りの情のある「さもそうず、さもありなん」が聴けて嬉しかったです♪
可愛い女奴さん達が対面の並び大名のように憎まれ口をきくのも珍しくって面白いです(^^)
次回拝見を楽しみにしております!
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム