歌舞伎スクール



寺子屋の初日、皆とても頑張って上手くいきました。義太夫を葵太夫さんが語ってくれるのは知っていましたが、道成寺の出囃子に家元の田中伝左衛門さんが出て下さっているのには驚きました!!伝左衛門さん、葵太夫さん、共に寺子屋の「歌舞伎音楽部」の講師ですが、こんなにも「寺子たち」を愛して下さっているかと思うと、胸が熱くなりました…。

コメントの投稿

非公開コメント

凄い!

凄いですね

素晴らしい旅立ち

寺子屋発表会初日のご報告、ありがとうございます。上首尾であったこと、嬉しく拝読しました。
秀太郎丈が見守る中での、音楽部の優れて第一人者である講師の方々、また優れた役者さんたちの
共演、子供たちにとって、これ以上の発表会があるでしょうか。
芸事は最初につく師匠と、最初の舞台で得たものが大事だと思うので、お子さんたちは、幸せな第一歩を踏み出されました。羨ましいです。
二日目も上首尾、祈ってます。

盛況ですね♪

伝左衛門さんに葵太夫さんとはとっても豪華!そう仰る秀太郎さんも本番の舞台を見守っていらっしゃって、講師の皆様本当に生徒さん達のことを想ってらっしゃるんですね!
生徒さん達はお幸せですね♪皆さん歌舞伎を益々好きになって将来本公演でのご活躍もありますようにと期待してしまいます♪

地震

NEWSで地震 丁度 太十の間 心配しています
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム