2月25日(土)



こども歌舞伎スクール「寺子屋」の終業式&卒業式が11時から松竹の安孫子副社長、講師の梅玉さん、田仲伝左衛門さん、竹本葵太夫さん、藤間勘十郎さん他指導者の方々に私も列席し、歌舞伎座の教室で行われました。生徒の皆さんは入塾時とは見違えるほど行儀良く、容貌や動作が美しくなっていました。教える方も教わる方も、それにスタッフの皆さんが良く頑張ってくれました。ことに、大事なお子さんをこの「寺子屋」に託し、補佐してくださった保護者の方々に、心から「有難うございました!おめでとうございます!!」と言いたいです。

コメントの投稿

非公開コメント

おめでとうございます

育てる ということにいっも お心を寄せておられる秀太郎丈
おめでとうございます

おめでとうございます

 ご指導の一翼を担われた秀太郎様、ほんとうにお疲れさまでした。
 お子さん達も、保護者の皆さんも、どんなにか嬉しく、感謝しているのでしょうに、逆に秀太郎丈が、「有難うございます」「おめでとうございます」と。丈のお人柄に心打たれます。

文化を伝える

おはようございます。
保護者の御気持ちに尊いものを、
感じます。
今日は千穐楽、楽しんで勤められ
ますように。

お子さん達可愛いですね♪

昨日のお昼は卒業式だったのですね
正装のお子さん達可愛いです(^^)
一年間、二年間、寺子屋で出会い学んだことがこれからの人生をより豊かにしてくれることでしょうね!

やっと今月拝見出来ました。皐月様は祝言のあと上手の一間に引っ込むときちょっと表の方へ思い入れをなさるのが、きっとこの芝居の幕開き前に息子がそこらに潜んでいることを悟るところがあったんだろうなと想像させられました。気丈で情のある素敵な皐月様拝見出来てよかったです!

今月公演も今日で千穐楽ですね。もう来週は三月、この前年が開けたと思ったのに早いものです…。来月も楽しみにしております!

おめでとうございます

寺子屋のお子様の緊張した中にも熱意と誇らしさ、
そして嬉しさを秘めた修業式&卒業式、それに秀太郎丈の
温かい眼差しをいただいて寺子屋の皆さん大切な時を得られましたね。
おめでとうございます。
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム