春分の日




今日も暖かで櫻の蕾も出て来ました。今日で4日連続歩いて楽屋入りしました。因みに昨日(19日)は10000歩を超え、今日は7000歩超えでした。明日は急に寒くなるそうで、ホテルから歌舞伎座の駐車場までマイカーでいきます。公演も後1週間になりましたが益々盛り上っています。今日は神楽坂のご連中が観劇でしたが、昨日は京都宮川町の連中で、私の楽屋を訪れた舞妓さんの一人が巳之助君の大ファンだと云うので彼の楽屋に連れていき紹介したら、その舞妓さん固まってました(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

六助、三の助

おはようございます。
ご健脚でなによりですが、本日は日中雨で、最高温度九度の予報ですから、
秀太郎丈の仰るとおり、車が正解でしょう。徒歩で行けば勝ち、マイカーで
行けば参ったと云うわけ訳ではないので、適宜楽しまれますように。
巳之助君、仕事に恋愛に頑張ってほしいです。
あと七日、楽しくすごされますように。

お優しいこと

舞妓ちゃん固まってしまいながらもお嬉しかったことでしょうね(^^)
秀太郎さんに感謝なさっていることでしょう!
数日暖かかったので桜の蕾が膨らみましたね♪開花の便りがまたれます。
先日真似をして国立から歌舞伎座まで歩いてみました。いい散歩コースですね♪

春本番になりますね

さくらが蕾を膨らませて木々が目いっぱい潤むよう。
春はこころが優しくなります。
歌舞伎座助六の母上満江様を秀太郎丈で想像しながら。

開花

したそうで おめでとうございます。
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム