お壕




昨日は雨が降って気温も低かったのでマイカーで通いましたが、今日は一転、晴天で気温も高かったのでホテルから歩き、途中銀座の千疋屋と和光に寄って楽屋入り。帰りは元新橋芸者「ゆり」ちゃんのお店「はてな」で一杯やって炒飯たべてタクシーで帰りました。今日のお壕も気持ち良く、良く手入れされた植木に、暫し見とれていました。舞台は順調!あと五日になってしまいました。

コメントの投稿

非公開コメント

写メ、感謝。

おはようございます。写メ、ありがとうございます。晴天のもと、美しいです。それに秀太郎丈の構図の取り方、素晴らしいです。
舞台良い調子で、おめでとうございます。千穐楽まで、そしてその翌日の俳優祭と、舞台は変わって行きますが、落ち着いてすごされますように。
前回は雲助初役?で、TVで拝見しました。とても楽しかったです。
今回の役は何なのかわかりませんが、きっと楽しい公演でしょう。
今年もTVで拝見します。(-.-)

春めいて…

美し景色ですね♪
桜の開花も始まりこれからどんどん春の空気になっていくことでしょう
今月も拝見出きるのがあと一回となりました。ちょっと寂しいです…
あと五日間どうぞお元気でおつとめ下さいませ!

おはようございます

とてもいいお天気でいよいよ桜の花も咲きはじめ素敵な季節になりますね。
助六由縁江戸桜、秀太郎様の満江様、あと5日ですね。今年は俳優祭も開催。奇跡的にチケットが手に入り、初めて観に行きます(^ ^)
そして、来月も歌舞伎座、伊勢音頭恋寝刃にご出演ですね。また拝見することを楽しみにしています。
京都も北野をどり、みやこをどり、鴨川をどりと桜の季節とともににぎわいがすごいですね。
今月も千穐楽まで頑張っておつとめしてください。
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム