あと三日


顔(メイク)をしながら毎日楽屋で助六のモニターを見ていますが、なぜか今日は紀尾井町の(松緑)おじさんの「くぁんぺら門兵衞」の素晴らしさが懐かしく思い出され、私も早くあちらに逝って、夢のメンバーの助六が観たくなりました!!助六は勿論⑪成田屋さん、揚巻が岡本町(⑥歌右衛門)さん、白酒は芝(梅幸)のおじさんで意休は父仁左衛門。満江が多賀之丞さんで白玉は④時蔵兄さん。通人が⑰勘三郎おじさん。田舎侍が先代市蔵さんで奴が鶴蔵さん。遣り手が先代愛之助さんで番新が鶴助さん。見たいです!

コメントの投稿

非公開コメント

やだ!

確かにその豪華な助六拝見したいですが早くあちらへなんておっしゃらないで(>_<)
そのうち人はみんなあちらへいく日が参ります…
まだまだこちらのお芝居にでて下さらないと!歌舞伎界になくてはならぬお方、ご家族にもご一門にもかけがえのないお方、唯一無二の魅力をおもちの秀太郎さん、お父様のように長くずっと現役でお芝居に出てくださいませ!

かなわぬ夢

おはようございます。
だめです。こちらで御活躍、お願いいたします。

おはようございます

まだまだお若い秀太郎様。そしてまだまだ秀太郎様に教えを請いたい若い役者さんもたくさんおられます。
最近、愛之助さんのコメディトゥナイト!も拝見しましたが、とても面白く楽しいミュージカルでした♪
やはり愛之助さんはお父上様の秀太郎様の教えがあればこそですね。

No title

本当に、夢のオールスターズですね!!
まだ逝きたくはございませんが
物凄く観てみたいです…🎵

まだまだ‼

今は、あちらに行かなくても、映像でご覧になれるのですから、あちらに行かれるのは、あと少なくとも20年以上あとになさってください。
明日のお父様のご命日に、本門寺にお詣りに行かれず申し訳ありませんが、秀太郎丈におかれましては、まだまだそちらには行かずに、元気で満江をつとめておられるご報告をなさってくださいませ。
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム