先斗町


このところ帰宅が遅くなり、お約束の更新が遅くなりました。あれは十三日。鴨川をどりに連れて頂いた後は、京の老舗・たん熊(北店)で美味しいお料理をご馳走になりましたが、そのお座敷の華やかなこと!一緒に鴨川をどりを観た祇園町、上七軒、宮川町の芸舞妓さんに東京・赤坂の姐さんも加わり、当日お茶お点前の光葉・市結さん始め先斗町の芸舞妓さん、なんと東西で五花街に歌舞伎役者(?)が集うという華やかなこと♪二次会は久富美・市光さん姉妹の店で、それはそれは楽しい一夜を過ごさせて頂きました!ただちょっと寂しかったのは舞妓に出たときから仲良くしていて、良い芸妓さんになっていた「もみ寿」ちゃんが、今月限りで引いて(廃業)結婚するのです。お目出度い話ですが、やはり寂しいです。お目出度いと云えば祇園の真希乃ちゃんも妓籍をひいて結婚!さみしいですが各街とも若手もどんどん増えているので楽しみでもあります!

コメントの投稿

非公開コメント

京の華麗な休日

おはようございます。
超華麗な宴の御写真、ありがとうございます。また西郷を踊られた
久富美さんの所での二次会も最高。
女性の場合、結婚で退職という方
が多く、じゅんぐりと言えばじゅん
ぐりで、しょうがないですが、やはり寂しいですね。
休暇はあと十日余りありますが、もう充実しきってますね。羨ましいです。

いいなぁ

そんな場面覗き見した~い おたのしそう!

東西五花街に歌舞伎役者とは

なんと贅沢な。
華やかなお座敷のお話を楽しませていただきました。お写真もありがとうございます。美しい方ばかりでうっとりしました。
歌舞伎と同じように別世界を垣間見たような気持ちです。

素敵な笑顔♪

やっぱり綺麗どころに囲まれている秀太郎さんの笑顔って一際素敵です!
五花街の綺麗どころが集うって豪華宴でしたね♪
よき休暇をお過ごしのようで嬉しいです♪お庭の薔薇もまた美しく咲いたころでしょうか…
来月のお稽古までもうしばらく休暇をお楽しみ下さいませ。
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム