千秋楽



お陰さまで無事に歌舞伎座六月興行を打ち上げました。当分お休みが続きますが、次回出演のさいは宜しくお願い致します。

コメントの投稿

非公開コメント

千穐楽おめでとうございます

お疲れ様でした。
23日にも拝見しました。感動的でしたが、これから暫くお舞台がお休みだと思うと、淋しく、とにかく瞬きするのも惜しんで一生懸命拝見しました。
来月、再来月はお弟子さん達のご指導ですね。晴の会は私は初めて、そして上方歌舞伎会は例年通り今年も拝見するのを楽しみにしています。

千穐楽おめでとうございます

昨日見納めでした…
今月は秀太郎さんも仁左衛門さんも夜の部のみのご出演だったので夜の部中心の観劇でしたが昼の部も含めてなかなか魅力的な狂言立てで充実した観劇でした…

来月はせっかくの地元大阪公演なのに秀太郎さんのご出演がなくて淋しいです(T-T)
八月の晴の会と上方歌舞伎会のご指導の成果を楽しみにしております!

千壽さん、一本刀土俵入の子守おてるちゃんとってもよかったのにお写真師匠に送っていらっしゃらないのでしょうか(^-^;)羽二重姿も可愛いですけども…
そして富士山のお写真もとっても素敵です(^^)
これから暑さも本格的になりますがくれぐれも御身体にお気をつけてお元気でお過ごしくださいませ(^-^)/

恭喜! 千穐楽!

千穐楽、おめでとうございます。
またの舞台拝見、楽しみにしてます。

写メ、ありがとうございます。富士山、千壽さん、両方とも、被写体も構図も良くて、素敵です。

今年も暑そうです。天候もお弟子さんたちも。舞台に出ている方が楽などとお喋らずに、御指導、元気でこなされますように。

千穐楽おめでとうございます。

お疲れさまでした。

この夏もお弟子さんたちのご指導でお忙しいと存じますが、どうぞご自愛ください。

秋の舞台を心待ちにしています。

千秋楽おめでとうございました。

麻央さんへの追悼コメントでまた紀香さんご炎上しています。こんなに頻繁に炎上するようでは、ますます松嶋屋の名を汚すばかりではなく、歌舞伎界全体にとってマイナスです。お父様からも紀香さんには厳しくご指導お願いいたします。毎回毎回紀香さんの言動は不快です。

新しい待受け

三枚 嬉しい

紀香さん、今日は自分の誕生日アピールのブログをアップしていて、本当にあきれます。
誕生日を迎えたくても迎えられなかった麻央さんやそのご家族への配慮が全く感じられません。
ブログに追悼コメントを載せるのもどうかと思いましたが、自分の誕生日アピールは何なんですか?このタイミングでこんな内容のブログをアップすることを愛之助さんをはじめ、まわりの皆さんはどう思ってらっしゃるのですか?
秀太郎さんからも紀香さんによく言ってきかせてください。

5と7のコメントの方へ

あなたが紀香さんのブログを不快に思うのは自由ですが、それをこの秀太郎丈のブログへコメントされるのを読むのは不愉快です。そういうことは紀香さんに直接コメントされたらどうですか?麻央さんの逝去を悼むブログは多くの役者さんもブログに書いてます。

余計なことかもしれませんが・・・

愛之助さんもブログでこの機に及んで亡きご両親のご臨終のときのことをつづられていましたが、とにかく愛之助さんと紀香さんご夫婦は他家の慶弔の時に、必ずと言ってよいほどご自分たちに注目が注がれるような言動をなさっているのは事実です。歌舞伎を応援しているファンとしてはハラハラとうんざりで疲れます。

秀太郎さん 失礼致します。

ここに紀香さんへの注意を書くのはいかがなものか というご指摘があるようですので その方に向けてのコメントになりますが

紀香さんのブログに注意を書いたことは何度かありますよ。反映されませんでした。
他にも多くの方がそうしたことがあると思います。

賞賛コメントしか掲載されない設定にされているのですから これ以上直接注意出来ないです。秀太郎さんは愛之助さんとも本来血の繋がりもないですし 外部から苦言を呈するというのも心苦しいですが

紀香さんの自己中心的で他者に全く配慮のない言動は目に余るものがありますし
ご夫婦揃って歌舞伎界でも芸能界でも前代未聞だと思います。

ご注意なさっても 上辺だけは体裁の良いことを言って
内心は怒り心頭で何らかの形で反発してくることも過去の振る舞いから予想済みですが あまりも酷すぎる。

本来 秀太郎さんのブログのコメント欄に意見すべきことでないことも承知しておりますが
松嶋屋さんの恥に繋がりますので
見過ごせないものと思います。

ご心労 お察し致します。

紀香さん批判の方へ

紀香さんのブログにコメントしても承認されないなら劇場などで直接仰るかお手紙でもだされたらいかがでしょう?

秀太郎さんが寛大にもブログのコメントを承認制にせず誰が何を書いても掲載されるように設定されているからといってここでもういい大人のご養子さんのお嫁さんの悪口読まされるのは秀太郎さんにとっても秀太郎さんのファンにとっても気持ちのよいものではありませんので…

……

ここにコメントするな、、、と言っている方々は、、紀香レベルの人間なので、人の気持ち、応援するファンの思い、心配、不安等々、、が、解らない、到底理解が出来ないお育ちなので、永遠に平行線だと(((^^;)
炎上しても指摘を受けてもこういった行いが止まらない、、のが、証明でしょうね。
 人間以外の動物でも【経験】する事で、《学習能力》を身に付け『どう今度は、行動すれば良いのか?これからは、どうあるべきなのか?』と学びから<成長>しますが、、、それが全くもって出来ていない!……とただ、ただ、あきれ果て!、、、大好きな大切な歌舞伎に関わって頂きたくない、、という想いなんですよ、我々は。あっ、、解らないか、紀香レベルの感覚のkokoroの持ち主達には、、やっぱり(笑;)

いい忘れていました‼

何故?ここは、コメントが、オープンになっているのか?解らない?
紀香ブログでは、【ブロックされる(本人が聞こうとしない設定にしてるから)世間の声をここで、知って欲しい《願》】親心!なんだと。

 流石!の御kokoroの持ち主、寛大で偉大で、歌舞伎を背負って居られる大御所!
  
  だからこそ、魅力的なんです‼

 
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム