日航ホテル

一月七月に松竹座に出演しているときは必ず心斎橋の日航ホテルのお世話になって、朝はB2のサロンで必ずフレンチトーストを頂いて、癒されていたのですが、三年ほど前から癒してくれていたウエートレスのお嬢さんのお顔が見えなくなり、お店を辞められ、それ以後日航でのブレックファーストをやめました。あの時のお嬢さんか゛ゆきさんと云うお名前だったのでしょうか?とてもなつかしいです。今月は舞台には出ていないのですが〔晴の会〕の稽古の日はホテル31Fのエステで施術を受けてからお稽古に行くようにしています。ちなみに台詞などの個人稽古は千里山の自宅でやっています。私がお岩さまを演じたのは五十年前の朝日座でした…。

コメントの投稿

非公開コメント

秀太郎さんのお岩さま?!

お話かわってるぅ
祇園祭 の貴重なお話
ありがとうございました 加えて お稽古のお話やら 50年前に
お岩さま をなさったと!
舞台は いつでも 懐かしく振り返れるもの
お写真 拝見したい なぁ でも こわいなぁわりとあかん人なので

懐かしい!!


50年前の東海道四谷怪談は 私が初めて東京から歌舞伎を観るためだけに朝日座に行ったお芝居でした。 8月の暑い時だったように記憶しています。
伊右衛門さんはもちろん当時孝夫さんの仁左衛門さんでしたね!!
生まれて初めて観た四谷怪談でした。
道頓堀の小さな古い小屋で 昼夜で通し狂言になっていたのを 二日間続けて拝見しました。
当時はお岩さまの気持ちまでは よく分からず怖かったし 二枚目ながら薄情な伊右衛門さんに腹をたてたりしていました。

今年の晴の会では 千寿さんがお岩さまをなさいますね!!
楽しみです!!

暑さ厳しい毎日ですがどうかお身体大切になさってくださいませ!!

あまりの懐かしさに思わずコメントしてしまいました。



Le petit dejeuner. = Breakfast

おはようございます。
晴の会-阿倍野歌舞伎の初日は、来月の三日ですね。皆様の熱気が伝わってきて、暑いことです。(-.-)

秀太郎丈がお岩さんを演じられたのが半世紀前ですか。随分とお若い時に演じられて、私も拝見したかったです。あれは若夫婦の話だと思うので、良い上演だったと思います。
四谷怪談、初演の際は忠臣蔵の何段目かと、怪談の何幕目かが、交互に演じられたということです。パロディ性が強調されたということでしょうか。
日航ホテルのゆきさん、数日前にコメント寄せられてましたね。お元気でお過ごしのようですね。
どのような方なのか、フレンチ、トーストより、興味がわきます。(-_-)

お元気で、御活躍お願いいたします。

五十年前のお岩様…

拝見したかったです~yooko様羨ましい!
歌舞伎 on the webの公演情報で検索してみますと宅悦がお父様でお袖が後の徳三郎さんだったのですね!益々拝見したかったです~

http://www.kabuki.ne.jp/kouendb/sp/perform/search.php?kr=9950&p=3

日航ホテルのエステ…気になります…いつまでもお若く艶やかでいらっしゃる秘訣は花街だけではなかったのですね(^^)

晴の会初日まで二週間をきり、出演者さんたちも大変ですがご指導の方々もお忙しいことと存じますがくれぐれも御身体にはお気をつけて頑張って下さいませ。初日を楽しみにしております(^^)

そうです!覚えていてくれて本当に嬉しいですっ!
妊娠を機に辞めました。最後に挨拶できればよかったのですが...
癒されてたなんて...とても嬉しいお言葉です(><)
いまは2児の母になりました♪いつかまた、会えれば嬉しいです。

そうです!覚えていてくれて本当に嬉しいですっ!
妊娠を機に辞めました。最後に挨拶できればよかったのですが...
癒されてたなんて...とても嬉しいお言葉です(><)
いまは2児の母になりました♪いつかまた、会えれば嬉しいです。
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム