晴の会稽古



前2回と違って、各々大変苦戦しております。稽古を見ているうちに頭痛と呼吸困難に陥り、10時過ぎに稽古場を逃げ出しましだ。演出の友五郎師匠すみません〓〓〓。あすはスタミナを付けて、ロキソニンを持って稽古いりします。あ~~…

コメントの投稿

非公開コメント

ロキソニン

市販薬でも 副作用があるとのこと

病院にて 受診されることを
おすすめします。

ロキソニン

市販薬でも 副作用があるとのこと

病院にて 受診されることを
おすすめします。

お体お大事に

晴の会のチケット、yさんから渡していただき、楽しみです。昨日は三五大切拝見の3回目で、その中に民谷伊右衛門とかお岩稲荷のセリフが出ると、心はすぐに晴の会に飛びます。
でもこの秀太郎さんの今夜のブログを見て、本当に心配になりました。かねてからのお薬ですけど、どうか、どうか、くれぐれもご無理なさらないようにと、そればかりを祈っています。

生む苦しみ。

おはようございます。
大丈夫ですか? 今日は元気で頑張りましょう。
写メ、ありがとうございます。
一枚目の立っている方が、山村師匠でしょうか。皆様の御健闘を祈ってます。
もう気を楽にして、晴へと羽ばたいて、もらいたいです。

今は産みの苦しみのとき…

友五郎先生、秀太郎さん出演者の皆様毎晩お稽古お疲れ様です
上方の彼らが江戸の南北物(まぁ今月本公演でも皆様いいお芝居されてますけども)
今までの新作と違って古典の名作各々が大役、とあれば苦労もしますよね…

松竹座公演が明日までですし明後日からは昼間のお稽古かわるのでしょうか

初日があいて客席から応援するより他には何も出来ませんが秀太郎さんの頭痛が酷くなりませんよう、お稽古捗りますように!とお祈りしております!

夏風邪

あらまぁ。今朝ロキソニンを服用して出てきたところです。
冷房による寝冷えか、昨日からくしゃみがとまらず、風邪を引いたようです。我慢し過ぎて熱中症になるのも困るし、体調管理が難しい季節になりました。どうぞご自愛ください。

それなのに今日から関東に遠征で頑張りどころ。今日は歌舞伎座昼夜、明日は横浜で歌舞伎鑑賞教室の千穐楽です。

月曜日に松竹座に伺う前に、パークスシネマで「銀魂」を観ました。歌舞伎を愛するものとしては勘九郎さんの意気込みに心の中で拍手喝采しました。映画が始まる前の予告で今月の松竹座歌舞伎公演も紹介されていたのも嬉しく思いました。

紀香さんのブログについて

「人間国宝が出るからチケットが高い」は明らかに問題発言です。
もう、紀香さんはブログをしないほうがいいと思います。

心配

「あ~」って、ため息?でしょうか? 心配しています。

ロキソニンとか

ロキソニンは副作用が強いので
どうぞお気をつけてくださいませ。

.>morningbeauty 様

紀香さん、もしくは紀香さん関係者は
こちらのコメント欄をチェックされてるようで
「人間国宝が出るからチケットが高い」
私も見てますが、すでに書きなおしましたよ。

藤原紀香のブログのはずですが
ほとんどが片岡紀香の事ばかりですね(苦笑

松嶋屋のお弟子さん

歌舞伎座昼の部の連獅子で、市蔵さんの裃後見をしている千蔵さんを発見!松竹座でお見かけしないと思ったら、歌舞伎座で頑張っていらっしゃったのですね。夜の部は注意して観ていたら、太鼓持ちなどいろんなお役で大活躍でした。歌舞伎座で秀太郎丈のお弟子さんを観れて嬉しかったです。

着物自慢、帯自慢ばかりしていないで、紀香さん、もっと真剣に歌舞伎のことを勉強なさればいいのに。
他の役者さんのところからは楽屋への差し入れ等、お礼状がすぐに来るのに、愛之助さんのところからは、来ないです。こちらは好きで差し入れしたりしているので、お礼状が欲しいわけではないですが、あまりに他の役者さんと対応が違うので、愛之助さん、松嶋屋さんの評判が落ちないかを心配しています。

藤原紀香さんの歌舞伎チケットに対する発言について

藤原紀香さんのブログ、訂正されてはいませんでした。
人間国宝が出るとチケットが高くなるっていう書き方(捉え方)は問題があるのではないでしょうか。
以下、引用。

人間国宝の役者さんが出ていると やはり国の宝ですので、少し他の公演よりも高くなることもあります

どうぞお大事になさってください

来週金曜日晴の会を拝見いたします。大変楽しみにしております。お体いかがでしょうか?お気持ちはよくわかりますが、やはり身体が第一でございますので心配しております。

No title

秀太郎さま
たびたび失礼させていただきます。

morningbeautyさま

ご覧になった文が直してある文章です。最初に書いてあったのは
「人間国宝の役者さんが出てると少し高いことがあります」
と覚えております。失礼な書き方と思い覚えてました。

『やはり国の宝ですので.........出演者、内容により』の文章は
最初に日記をブログにアップした時には書いてありませんでした。

横からすみません

紀香さんのブログでまず 魯山人について
ウンチクを語りたかったようで
色々読んで凄い人だと思いました という如何にも読んでいなさそうな文章をお書きになった後 人間国宝のような飾りはいらないと言って断ったのが格好良い さすが と褒め讃えたんです。まずそこで え?と歌舞伎ファンからすれば思ってしまった訳ですが...一部のファン達がこの時点でざわざしておりました。

それで慌てられたのか
次のブログ記事で
人間国宝はやはり国の宝ですから〜
お高くなりますが
などと知ったようなことを 皆様歌舞伎のイロハを教えて差し上げているのです
というような姿勢で書かれていました。

また 東京の歌舞伎公演のメインは新橋演舞場と書かれていました。歌舞伎座をうっかり抜かしてしまいました ドジでおっちょこちょいです とニヤニヤ笑う話でしょうか。

うんざりします。紀香さんのこのような姿勢は変わることはないと思います。
松嶋屋さんが 今まで築かれたもの汚し過ぎです。

他にも

ご主人が連獅子の演目の際
鏡獅子の帯を誂え お召しになられ
しかもブログ上で 主人の今回の演目に合わせて着て(鏡獅子をの紀香さんは連獅子だと思い込んでいるのです)みましたら お客様から あら連獅子の? とお声かけ頂きました。と 書かれたんです。そんなお客様いるはずもないですし恥ずかしいです。

笑ってしまいますが 本当のことです。

孝太郎さんの前の奥様の今のご主人が亡くなられたことについてまで
とうとうとブログで書かれていました。
紀香さんと面識がおありだったからのようですが まさかご関係を知らないということはなかったでしょうし 何と申して良いやら分かりかねます。

秀太郎さんはご存知だと思いますが
紀香さん 人からの頂きものやお手紙やメール はたまた道すがらで声を掛けられた内容をそのままブログで公開されています。

一部ではファンからのメールは自作自演なんじゃないか とも言われていますけれども 仮に自作自演だったとしても
どのように世間様に受け取られるのか また差し上げたご本人がどのように思うのか
全く理解が至らないと思います。
そんなことする他の奥様方は勿論 一般人でもいませんよ。

歌舞伎のことより 下さった方のことより
素敵なものを頂いた自分 励ましや作品に対する想いなどのお言葉を賜った自分を
知ってほしくて堪らないというのがにじみでています。小学生でも赤裸々に公開する前に両親や先生に確認する良心は持ち合わせているうと思いますよ。

紀香さん、結婚指輪をアピールするような写真が多くてうんざりします。わざとらしすぎます。あざとさすら感じます。
愛之助さんファンの気持ちなんて考えたことないんでしょうね。
そういうところを分かってくださる方にお嫁さんになっていただきたかったです。

お嫁さん 愛犬の亡骸のアップもブログに載せた方です。亡くなる1日2日前の瀕死の犬を片手で撫で回しながらミュージカルの歌を歌い片手で自分で動画に撮ってブログあげられていました。1年前のことなので既にご存知ですよね。

猫を貰ったのでこの犬を実家に放棄して
愛犬と呼ぶのもおかしいことですが
死に顔の写真をわざわざブログに出す意味がわかりませんし 瀕死の状態でそんなことされたワンちゃんが不憫です。

他の芸能人で母親の亡骸の顔写真をブログに掲載して大きな批判を浴びた方もいますが
仮に愛之助さんが亡くなっても そういうことしかねない人だと思います。片岡家ののご家族にもそういうことをするのでしょうか。ぞっとします。

いえ犬だから良いんですよ という言い訳をされたとするなら 動物愛護について一切語って欲しくないです。

また今回の非礼なブログでも
バイト頑張って見に来て下さいね
と締めくくられていました。
何様のつもりなのでしょうか。
何が悪いのかも分からない そんな救いようのない女性をお嫁さんに貰ったこと
語り継がれてしまうと思います。

歌舞伎の勉強をするが全くない
もしくはその暇もないほどブログ更新に忙しくていらっしゃり
間違った知識をひけらかす前に指導を仰ぐとか
ご自分の言動のチェックをして頂くおつもりがないのなら
ブログから一切手を引くべきです。

伝統を引き継ぎながら稽古を積まれて芸を磨いてお披露目されている方々を小馬鹿にしているように見えてなりません。

芸能界でのオファーも無くなっているのでブログが貴重な収入源なんですね と見られているのです。愛之助さんも毒され過ぎです。安易な方向に流されて 結局失うものが大きいとご本人が気がつかなければ。

紀香さんがロビーにお立ちになるなら
愛之助さんの舞台には絶対に行きません
という方も増えてしまったと思います。
これはもう秀太郎さんにというより松竹さんにという話なのかも知れませんが。

伝統芸能に携わる全ての方々を冒涜するような行為を即刻辞めるべきです。

愛猫

紀香さんが可愛がってる猫は以前に同棲してた男性にプレゼントされた猫です。
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム