かなり



「四谷怪談」、少しは芝居らしくなってきました。今回は(鶴屋)南北物と云うことで、黒みすの三味線は、な、な、なんと歌舞伎フアンなら良くご存じの、大歌舞伎の立三味線(たてじゃみせん)の杵屋栄津三郎さん、鳴物はご存じ田中長十郎さんが付き合って下さってます!唄はお馴染み杵屋勝之弥さん。こんな超一流の方々に支えられて、晴の会の人達は本当に幸せです。それに根気よく指導してくださっている山村宗家!私は客観的にダメ出しをする程度ですが、皆さん松竹座の夜の部が切れてから、深夜におよぶ稽古に付き合って下さって…、本当に有り難いと思っております。明日は松竹座の千秋楽で稽古はお休み。明後日から稽古場が変わり、仁左衛門も立ち会います。

コメントの投稿

非公開コメント

期待!

なんと贅沢な黒御簾でしょう!
舞台の質の高さがうかがい知れます。
出演する役者さんはもちろん、ご指導にたずさわる方々も大変でしょうが、素晴らしい舞台になる予感がします。

「晴の会」が本当に楽しみです。

隠亡堀の場面ですね♪

お稽古の様子アップ難うございます(^^)
千次郎さんがうなぎとりの棒もって千壽さんが立役で松十郎さんがいて…隠亡堀のだんまり場面ですね~(^^)もうワクワクしちゃいます♪

そして栄津三郎さん長十郎さんも参加されるのですね!贅沢で嬉しいです~(^^)
勝之弥さんの美声の唄で千壽さんは髪すきされるんですよね♪楽しみです!

今日は松竹座千穐楽でお名残おしい気分でしたが次の楽しみがあるので初日を楽しみに過ごします!が千穐楽おわって一旦数日は御帰京と思った仁左衛門さん引き続きのお稽古で大阪残留でしたか…大阪のファンとしては嬉しいですが、監修者だから当然のことかもしれませんが頭が下がります…
友五郎先生、秀太郎さん仁左衛門さんお暑い中ご指導有難うございます!皆様お陰と彼らの頑張りでよりよい舞台になりますように!

怪談で階段を上りましょう!

おはようございます。
お疲れ様です。素晴らしい方々に見守られ、御指導を受けられ、本当に
幸せですね。
さすがに山村師匠のもと、形が美しいと言いたいですけど、いま一歩ですね。(-.-) まだ日があるので
大丈夫、大丈夫。
本舞台よりも稽古のほうが、楽しい公演も、あります。そう思いながら、頑張って下さい。

有難いことですね

 昨日も松竹座の前楽を拝見。「二人道成寺」の時蔵さん孝太郎さんが踊っている時の床が、唄は里長さん・勝之弥さんら、タテ三味線が栄津三郎さん、小鼓が長十郎さん…と超一流で幸せなことだと、床もしっかり拝聴してました。
その栄津三郎さん、長十郎さん、そして勝之弥さんが、若手の晴の会にとは、本当にありがたいことですね。
 明日からは松竹座出演が終わって、終日お稽古に打ち込まれ、1週間後の開幕へと磨きがかけられる、それだけに一層きびしい日々でしょうが、塾生皆さんがここまで開花されたのも、ひとえに、手塩にかけて育てられた秀太郎丈のご尽力の賜。そして今年は仁左衛門丈もご指導に加わられる、本当に若手の皆さん、幸せですね。
 拝見が待たれます。

本当に幸せな

若手 ですね
勿体ないような
師匠方に 見守られて
入門当時から育てられた秀太郎丈 さぞやさぞ お嬉しい事と…。
でも 厳しい教えを
頂いた彼達 どんなに喜んでいることでしょう 師弟愛 って いいなぁ



プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム