晴の会稽古中!




稽古もあと4日…、私的にはなかなかはかどらなかった稽古も、仁左衛門が稽古に加わわってから、随分と指導の成果が出てきたように思います。あと5日で初日!みんなと一緒に頑張って、いろんな意味で素敵な公演にします!宜しくお願い致します。

コメントの投稿

非公開コメント

晴の会

連続して拝見していた晴の会、今年は、別件と重なりどうしても行けなくなりました。あげてくださっているお稽古の様子で偲びます。炎暑の折、皆様、気をつけてくださいませ。
盛会お祈りしております。

感謝。

おはようございます。
お疲れさまです。写メ、ありがとうございます。皆様の御健闘が伝わってきます。御指導も大変でしょうが、仁左衛門丈ともども、元気ですごされますように。
拝見、楽しみにしてます。

初日待ち遠しいです♪

もう五日後には初日ですね…
今度のお写真は四谷左門殺しのとこですね♪
お稽古場はどこなのででょうか…
そして気になるのはいつもの衝立があるような…今度はどう使われるのかしら…
毎日暑いですがご指導の皆様も出演の皆様もお稽古頑張って下さいませ~(^^)

ご指導の成果が…

 この写真を拝見すると、二人のセリフが聞こえてくるような気がしますし、わきから仁左衛門丈の厳しい声が飛んでくるような感じです。秀太郎丈のお口添えや、優しい笑顔や、じれったい表情なども。
 出来上がった舞台を拝見するのはもちろん楽しみですが、こうしたお稽古の様子、ご指導の様子もそっと隙見したいなあ。

お疲れのところ

お暑さの中、日々の ご更新 本当に、有難うございます
とても 楽しみにしております。
場内 の秀太郎丈の爽やかさ 随一の…。



もりあがりますなぁ

楽しみな 夏の若手
ご指導 有難うございます 熱心に愛情をもってお教えいたたける若手 本当に楽しみにしております。
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム